本記事は広告を含みます

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」は何ができるのか?

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」は何ができるのか?

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation ブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン(CFI-ZWE1J)」を発売しました。

PULSE Explore には「プレーナーマグネティックドライバー」が内蔵されていたり、ロスレス新規格「PlayStation Link」に対応していたり、「ノイズリジェクション」が搭載されていたりと、ゲームを快適に遊ぶための最新技術が詰め込まれています。

これだけ聞くと何となく高性能なワイヤレスイヤホンということは理解できると思いますが、オーディオ機器に詳しくないと、「結局、何がすごくて、どんなことが出来るのか」といった根本的なことが理解できないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、PULSE Explore ワイヤレスイヤホンの特徴を分かりやすく解説するとともに、どんな使い方ができるのかについても深掘りしていきます。PULSE Explore に興味がある人に役に立つ内容となっていますので、ぜひご一読いただければと思います。

使ってみてのレビューは コチラの記事 でレポートしています。

 この記事で紹介するアイテム

あわせて読みたい
「PULSE Explore」より安い!PS Portal で使えるおすすめ低遅延ワイヤレスイヤホン
「PULSE Explore」より安い!PS Portal で使えるおすすめ低遅延ワイヤレスイヤホン

今すぐ読む 

PULSE Explore ワイヤレスイヤホンの特徴

商品名PULSE Explore ワイヤレスイヤホン(CFI-ZWE1J)
サイズイヤーバッズ:約 35 × 23 × 19 mm(片方のみ / イヤーチップなし)
充電ケース:約 88 × 42 × 38 mm(閉蓋時)
重量イヤーバッズ:約 6.1 g × 2(イヤーチップ M 取り付け時)
充電ケース:約 71 g
再生時間5時間(内蔵バッテリー)
充電ケース使用時最大 10 時間
充電時間本体:約40分
充電ケース:1.5時間
充電端子USB Type-C
通信システムPlaystation Link
Bluetooth
発売日2023年12月6日
価格29,980円(税込)

PULSE Explore は、PlayStation ブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン。これまでも PlayStation 向けのオーディオ機器は発売されていますが、それらはすべてヘッドセット。ワイヤレスイヤホンは「PULSE Explore」が初となります。

PULSE Explore の特徴は次の通り。

それぞれ、「何がすごくて、どんなことが出来るのか」といったことをかみ砕いて説明していきます。

プレーナーマグネティックドライバーを内蔵

ダイナミックドライバーとプレーナーマグネティックドライバーの違い

イヤホンやヘッドホンには「ドライバーユニット」と呼ばれるパーツが搭載されています。ドライバーとは、空気を振動させて音を出す板のことを言います。デバイスから送られてきた音声信号を振動に変換し、磁石の力で振動板を動かすことで音を鳴らしています。

ドライバーにもいろいろ種類がありますが、市場に幅広く普及しているのが「ダイナミックドライバー」。振動板はドーム型や球体のような立体的な形状をしており、部分的に振動板に力を加えて振動させているため、音の歪みが発生しやすいといった欠点を持ちます。

一方、PULSE Explore に搭載されている「プレーナーマグネティックドライバー」の振動板は、フラットな形状になっています。振動板全体を磁石で挟み込み、全体をほぼ均一に動かしているので、歪みが少なくクリアな音が鳴らせます。また、振動板自体をかなり薄くできるので、細かい音の再現性が高く、残響音といった微細な音も聞き取れるようになります。こういった振動板(音質)の特徴を、公式サイト では「歪みを最大限抑えた精度の高いサウンドスケープを再現」と表現しているわけです。

高級イヤホンで使われるような振動板が搭載されてます。
あわせて読みたい
PULSE Explore / Elite の音質を劇的に変える 2 つのおすすめ設定
PULSE Explore / Elite の音質を劇的に変える 2 つのおすすめ設定

今すぐ読む 

ロスレス新規格「PS Link」対応

PULSE Explore には、ロスレス新規格「PlayStation Link」が採用されています。

ロスレスとロッシーの違い

「ロスレス」とは、音声データの圧縮方式のこと。音声データはそのままだとデータ量が大きいため、圧縮してデータ量を小さくしてから伝送します。この圧縮による音質の劣化がない状態を「ロスレス」と言います。

BluetoothとPS Linkの違い

PlayStation Link は低遅延接続も可能にしています。一般的な Bluetooth 接続だとわずかな遅延が発生するため、格闘ゲームやリズムゲームなどのタイミング判定がシビアなゲームだと、「音」と「映像」にズレが生じてプレイしづらい環境になります。PlayStation Link は、この遅延を最小限に抑えているという意味で「素早くサウンドを届けます」と 公式サイト で表現しています。

PULSE Exploreと接続したPS Portal

なお、PlayStation Link は、対応デバイス間でのみ利用ができます。「PlayStation Portal リモートプレーヤー」には PlayStation Link が内蔵されているので、PULSE Explore と直接の低遅延ロスレス接続ができます。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」と新型PS5

PS5 本体や PC、Mac には PlayStation Link が内蔵されていないので、接続を可能にする専用の USB アダプターを使用します。USB アダプターは PULSE Explore に同梱されており、これをデバイスに差せば、PlayStation Link の低遅延ロスレス接続ができるようになります。

超低遅延かつ高音質でゲーム音が届きます。
あわせて読みたい
PULSE Explore ワイヤレスイヤホンの内容品一覧
PULSE Explore 本体と付属品一覧を写真で見やすく紹介

今すぐ読む 

デュアルデバイス接続にも対応

PULSE Explore のデュアルデバイス接続

PULSE Explore は、デュアルデバイス接続ができます。デュアルデバイス接続とは、「ゲーミングデバイス」と「スマホ」といったように、2 台の端末に同時に接続させること。これができるのは、PULSE Explore が「Bluetooth」と「PlayStation Link」の異なる無線通信技術を搭載しているからです。

一般的なワイヤレスイヤホンだと、Bluetooth しか搭載されていないので、1 つのデバイスにしかペアリングができないという制限があります。そのため、ワイヤレスイヤホンを「ゲーミングデバイス」と「スマホ」の両方の端末に同時に接続することはできません。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とPlayStation Portalとスマホ

PULSE Explore は、「Bluetooth」に加えて、独自のロスレスワイヤレス接続技術「PlayStation Link」が搭載されています。この 2 つの異なる無線通信技術をそれぞれ単独で接続できるため、同時に 2 台のデバイスとの接続が可能となっています。これにより、ゲーミングデバイスは「PlayStation Link」で接続し、スマートフォンは「Bluetooth」で接続するといったことができます。

ゲーム音を聞きながらスマホで通話ができます。

マイクにノイズリジェクションを搭載

PULSE Exploreのマイク穴

PULSE Explore のマイク

PULSE Explore は、マイクの機能にもこだわっています。イヤホンにはゲーム内のボイスチャットやスマホでの通話に便利なマイクが搭載されており、「ノイズリジェクション(ノイズリダクション)」と呼ばれる機能が実装されています。

PULSE Explore のマイクのノイズリジェクション機能

ノイズリジェクションとは、マイクが拾う周囲の雑音をカットする機能のこと。PULSE Explore には「口元の音声を拾うマイク」と「周囲の雑音を拾うマイク」の 2 つのマイクが搭載され、AI によって周囲の雑音だけを制御し、口元から発した音声のみをクリアに相手に伝えます。

PULSE Explore は、遠くの雑音だけでなく、近くの雑音も聞き分け、ノイズリジェクションによってカットできるようです。

PULSE Explore ワイヤレスイヤホンを装着した相手が電話のマイク近くで大きな音を立てて紙をくしゃくしゃにしていましたが、AIによるノイズリジェクションが迅速にその音を静かにしてくれました。

出典:PlayStation.Blog

ボイスチャットやスマホでの通話中、周囲がうるさくても、相手に迷惑をかけることがないのです。

ボイチャする人にはありがたい機能。

スポンサーリンク

PULSE Explore ワイヤレスイヤホンでできること

PULSE Explore でできることは次の通り。

それぞれ、具体的にどんな使い方ができるのかを深掘りしていきます。

PS5 や PS Portal との接続

PlayStation PortalとPS5

PULSE Explore は、PS5 や PS Portal といった PlayStation 製品との無線接続ができます。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」と新型PS5

PS5 には Bluetooth が搭載されていないため、一般的なワイヤレスイヤホンは接続できません。PULSE Explore も同様ですが、無線接続には Bluetooth ではなく、独自のワイヤレス接続技術「PlayStation Link」を使用します。PULSE Explore に同梱されている専用の USB アダプターを PS5 本体に挿すことで、「PlayStation Link」での無線接続が可能になります。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とPlayStation Portal

PlayStation Portal に関しては PlayStation Link が本体に内蔵されているため、付属の USB アダプターを使用することなく直接の無線接続が可能です。

PS5 や PS Portal にワイヤレスイヤホンが接続できるようになれば、家族にゲーム音を聞かれる心配がなくなりますね。
あわせて読みたい
PS5で手持ちのワイヤレスイヤホンをBluetooth接続する方法
PS5で手持ちのワイヤレスイヤホンをBluetooth接続する方法

今すぐ読む 

Nintendo Switch との接続

PULSE Explore は、Nintendo Switch とも無線接続ができます。接続方法は「Bluetooth」と「PlayStation Link」の 2 種類とも可能です。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とNintendo Switch

PlayStation5 とは違い、Nintendo Switch は Bluetooth を使っての無線接続が可能です。そのため、PULSE Explore と Nintendo Switch を Bluetooth 接続ができます。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とNintendo Switch

遅延を最小限に抑えるには、PlayStation Link を活用します。Switch 本体には当然 内蔵されていませんので、PULSE Explore に同梱されている専用の USB アダプターを使うことになります。

USB アダプターの端子は Type-A となっているので、PlayStation Link で接続したい場合は、Switch ドックに USB アダプターを挿すことになります。つまり、携帯モードの Switch では「PlayStation Link」による低遅延ロスレス接続の恩恵を受けられない、ということになります。

なお、Switch ドックに USB アダプターをそのまま挿しても上手く機能しないので、ひと手間 工夫する必要があります。

Switch で PS Link を使う方法は、コチラの記事 で詳しく解説。
あわせて読みたい
PULSE Explore と他のデバイスを接続する方法
PULSE Explore の使い方|デバイスごとの接続方法(ペアリング)を徹底解説

今すぐ読む 

スマホや PC デバイスとの接続

PULSE Explore は、スマホや PC、Mac との接続ができます。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とiPhone

スマホに関しては「PlayStation Link」ではなく「Bluetooth」での接続になります。

PlayStation Link を使うには PULSE Explore に同梱されている USB アダプターが必要になりますが、この端子は Type-A となっています。スマホの USB ポートは一般的に USB Type-C か、iPhone の場合「14」以前だと Lightning が主流となっているので、接続端子が Type-A となっている USB アダプターは使用できない、ということになります。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とパソコン

PC はほとんどの機種で Type-A の USB ポート と Bluetooth が搭載されているので、「PlayStation Link」でも「Bluetooth」でも接続ができます。

自宅にあるいろんなデバイスにも普通に接続できます。

ゲーム音を聞きながらの通話

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」とPlayStation Portalとスマホ

前述した通り、PULSE Explore はデュアルデバイス接続(2 台の端末に同時に接続)ができます。同時に「接続」できるだけでなく、同時に「聴く」こともできます。

電話に出ると、電話のオーディオとゲームのオーディオがシームレスにミックスされ、会話中もゲームを中断することなくプレイし続けることができました。

出典:PlayStation.Blog

スマホは Bluetooth で接続し、PS5 や PlayStation Portal 、Nintendo Switch とは PlayStation Link で接続しておけば、スマホで通話したり、好きな音楽を流しながら、同時にゲーム音を聴くことができるのです。

自分はラジオ好きなので、スマホでラジオ流しながらゲームするのも良いかも。

スポンサーリンク

まとめ

PULSE Explore の特徴は次の通り。

特徴解説
プレーナーマグネティックドライバーを内蔵歪みが少なくクリアな音を表現
ロスレス新規格「PS Link」対応圧縮による音質の劣化が少なく、遅延がない
デュアルデバイス接続にも対応2 台の端末に同時に接続、同時に聴ける
ノイズリジェクションマイクを搭載口元から発した音声だけを相手に伝える

PULSE Explore でできることは次の通り。

できること解説
PS5 や PS Portal との接続家族や周囲にゲーム音を聞かれることなく没頭できる
Nintendo Switch との接続PS Link での低遅延接続が実現
スマホや PC デバイスとの接続リモプや PC ゲームを高音質・低遅延で楽しめる
ゲーム音を聞きながらの通話ゲームを中断することなく電話に出れる

上記のように、PULSE Explore はゲームを快適に遊ぶための最新技術が詰め込まれたワイヤレスイヤホンと言えます。「PS5 や PS Portal でワイヤレスイヤホンを使いたい」と考える人はぜひ購入してみてください。

 この記事で紹介したアイテム

この記事を書いた人

COUPLE GAME

1988年 埼玉県生まれ。5 歳のとき「ファミコン」でゲームデビュー。それから 30 年以上、平日も休日もゲームに没頭。現在はゲーム専門ライターとして、2016年 開設の当ブログ「COUPLE GAME」を運営。YouTube チャンネル も随時更新。

詳しいプロフィール >


おすすめ記事

PS5でオフライン2人プレイできるおすすめソフト

PS5

2024/3/5

PS5でオフライン2人プレイできるおすすめソフト16選

【2024年版】PlayStation5(PS5)でオフライン2人マルチプレイができるおすすめソフトを厳選紹介!話題の最新作から隠れた名作まで幅広くラインナップ。

PS5

2024/4/18

PS5を使って「U-NEXT」をテレビの大画面で視聴する手順

PlayStation5を使えば、テレビの大画面で「U-NEXT(ユーネクスト)」の動画コンテンツを楽しめます。この記事でPS5でU-NEXTを使う方法や31日間の無料トライアルについて詳しく解説します。

PS5で快適に遊ぶためのおすすめ設定

PS5

2024/3/15

PS5を買ったら最初にやっておきたいおすすめ設定25選

【2024年版】PS5 の性能を 120% 発揮し、自分にとって 最高のゲーム機 にするためのおすすめ設定を 25 紹介。PS5を買ったらすぐに設定しましょう。

【PS Plus】3つのプラン「Essential」「Extra」「Premium」の違いは?

PS4 PS5

2023/10/12

【PS Plus】3つのプラン「Essential」「Extra」「Premium」の違いは?

2022年6月2日にリニューアルしたPS Plusのプランの違いについて解説。「Essential(エッセンシャル)」「Extra(エクストラ)」「Premium(プレミアム)」は何が違うのか?どのプランを選べばいいのか?迷っている方はぜひご参考に。


記事を探す

-PULSE