PS5のコントローラー充電方法と確認手順、充電できない原因

管理人 ゲームお化け

2020年11月13日

PS5のコントローラー充電方法3つと、充電できないときの解決策

PS5のワイヤレスコントローラー「DualSense」を充電するには、PS5本体とコントローラーを、付属のUSBケーブルでつなげるのが一般的。ですが、PS5本体以外からも充電することができます。

ただ、使用するUSBケーブルやPS5本体の設定が正しくないと、うまくコントローラーに充電できないことがあります。

本記事では、PS5のコントローラーの正しい充電方法と、充電できているかの確認方法、充電できない原因とその解決策について詳しく解説します。充電方法がわからない方や、うまく充電できずに困っている方はぜひご参考に。

関連記事

コントローラーの充電方法

PS5のコントローラーの充電方法は1つではありません。本体からUSBケーブルでつないで充電する以外にも、コンセントから充電したり、充電スタンドで充電する方法もあります。

ここでは、

  1. PS5本体からUSBケーブルで充電する
  2. コンセントから充電する
  3. 充電スタンドで充電する

の3つの充電方法についてご紹介していきます。

特にコンセントから充電する方法は便利なので覚えておくと良いでしょう。

PS5本体からUSBケーブルで充電する

PS5本体とコントローラーをケーブルで接続して充電

PS5本体とコントローラーをUSBケーブルでつなげば充電できる

PS5本体の電源が入っているとき、またはレストモード中に、PS5本体とコントローラーをUSBケーブルで接続すると、コントローラーを充電できます。

充電に使用するUSBケーブルは、PS5本体に同梱されていたもの(USB Type-C to Type A)を使用しましょう。純正以外のケーブルでも充電できますが、充電専用のケーブルだと充電はできません。

コンセントから充電する

PS5本体からUSBケーブルをつかってコントローラーを充電するには、本体の電源が入っているか、レストモードになっていることが条件となります。

つまり、PS5本体の電源を完全に切ってしまったら、コントローラーへの充電ができなくなってしまいます。本体の電源が入っているときでも、コントローラーを2台同時に充電したいときは「USBポートが足りなくて充電できない」なんて事態もでてきます。

こういったときに便利なのが、コンセントから直にコントローラーを充電する方法。「ACアダプター」をコンセントに挿し、コントローラーとACアダプターを「USBケーブル」でつなぎます。

コンセントからコントローラーを充電

コンセントから直接 コントローラーを充電できる

ACアダプターとは、スマホの充電器などで使われる電子機器のこと。自宅にあるものを代用すればOK。

それをコンセントに挿し、コントローラーとACアダプターを「ワイヤレスコントローラー用の充電ケーブル(USB Type-C to Type A)」でつなげば、コントローラーを常に充電できます。

コンセントからコントローラーを充電

PS本体の電源を切っても充電できる

コンセントから直に充電することで、PS5本体の電源を切った状態でも充電ができますし、「本体のUSBポートが空いていない」なんて状況も回避できます。

※製品によっては正しく充電できないことがあるので注意。

パソコンに接続してコントローラーを充電

パソコンからも充電可能

ちなみに、コンセントでなくても、パソコンなどのUSB機器にコントローラーを接続して充電することも可能です。

[スポンサーリンク]

充電スタンドで充電する

DualSense用の充電スタンドを使うのも便利です。

PS5の充電スタンド

充電スタンドはコンセントから充電できる

純正やライセンス品の充電スタンドであれば、PS5本体にケーブル接続する必要がなく、カチッと差し込むだけでコントローラーを2台同時に充電できます。オフライン2人協力プレイする方には特に重宝するアイテムです。

充電スタンドを買うと、遊び終わったあとに充電スタンドに置く習慣がつくので、次に遊ぶときは常にフル充電で遊べますよ。

レストモード中に充電する設定手順

PS5のコントローラーは、初期設定でレストモード中にも充電できるようになっています。PS5をレストモードにし、本体とコントローラーをUSBケーブルでつなげば、コントローラーへの充電が自動ではじまります。

ライトバーがゆっくりとオレンジ色に点滅するコントローラー

コントローラーをレストモード中に充電

レストモード中に充電すると、コントローラーのライトバーがゆっくりとオレンジ色に点滅します。充電が完了すれば、ライトバーが消灯します。

PS5のレストモード中に使う機能

レストモード中のコントローラーへの充電方法は、設定で変更できます。設定変更は「設定」>「システム」>「省電力」>「レストモード中に使う機能」の順に移動し、「USB端子に給電する」の項目を変更しましょう。

[スポンサーリンク]

充電できているかの確認手順

コントローラの充電状況は、画面上のバッテリー残量で確認できます。

PS5ホーム画面の充電状態の確認画面

バッテリー残量は、コントローラーの「PSボタン」を押して、コントロールセンター(下のメニューバー)の「周辺機器」より確認できます。 充電中は、バッテリーのアイコンが動きます。充電が完了すると、バッテリーアイコンに3本のバーが表示されます。

レストモード中にコントローラーを充電しているときは、コントローラーのライトバーがオレンジ色にゆっくり点滅します。

[スポンサーリンク]

充電完了までの時間

DualSenseは、バッテリー残量がなくなった状態から、コントローラーの充電が完了するまで約3時間かかります。

充電時間は、PS5の本体からUSB接続で充電した場合でも、純正の充電スタンドを使った場合でも同じです(他社製の充電機を使用した場合は充電時間が異なるかと思います)。

フル充電したら何時間 持つ?

PS Blogでは、PS5のコントローラーの持続時間を次のように説明しています。

一般的な環境において、バッテリーの駆動時間はDUALSHOCK 4と同等レベルと想定しています。

出典:PlayStation.Blog

私の遊んだ感覚では、ゲームにもよりますが、DualSenseのバッテリーは約7時間ほどしか持ちませんでした。PS5にはじめから内臓されている「Astro's Playroom」では、DualSenseの機能を最大限に引き出すため、バッテリーの消費も激しく4時間ほどしか持ちませんでした。

バッテリーがすぐに切れてしまう方は、『バッテリーを長持ちさせる!PS5のコントローラー節電術』を試してみてください。

充電できない原因と解決策

PS5のコントローラーが正しく充電できない原因として、次の4つが考えられます。

  1. 本体の電源が入っていない
  2. レストモード中の充電がOFFになっている
  3. USBケーブルの接続不良
  4. 充電専用のケーブルを使用している

充電できないときは、1つずつ原因を確かめていきましょう。

上記に心当たりがないなら、コントローラー自体の故障の可能性もあるので修理依頼をしてください。

修理依頼PlayStation製品のヘルプとサポート

原因1:本体の電源が入っていない

PS5本体からUSBケーブル接続で充電する場合は、PS5本体の電源を入れるか、レストモード中の給電をONにしなければなりません。

つまり、PS5本体の電源が切れているときは、コントローラーへの充電ができません。

本体の電源を切ったときにもコントローラーを充電したいのなら、『コンセントから充電する』方法を試してください。

原因2:レストモード中の充電がOFFになっている

PS5のコントローラーは、レストモード中に充電できるようにはじめから設定されています。この設定を途中で変えてしまうと、レストモード中の充電ができなくなります。

電源が入っているときはコントローラーへの充電ができるのに、レストモード中にだけ充電ができないようであれば設定を確認してください。

PS5のレストモード中に使う機能

確認方法は「設定」>「システム」>「省電力」>「レストモード中に使う機能」の順に移動し、「USB端子に給電する」をチェック。

「USB端子に給電する」の設定が「オフ」になっていると、レストモード中にコントローラーの充電ができません。「常に」または「3時間」に変更しましょう。これで、レストモード中も充電ができるようになります。

なお、レストモード中に充電すると、コントローラーのライトバーがオレンジ色にゆっくり点滅します。

[スポンサーリンク]

原因3:USBケーブルの接続不良

新品で買った場合や通常の使用であれば考えにくいですが、USBケーブルの接続不良もありえます。何らかの原因でUSBケーブルが断線していると、コントローラーへの充電ができません。

PS5にはType-C to Type-AのUSBケーブルが付属されていますが、それが使えないなら、家にある他の「Type-C to Type-A」 または「Type-C to Type-C」のUSBケーブルで充電してみてください。

原因4:充電専用のケーブルを使用している

PS5のコントローラーの充電に使用できるUSBケーブルは、「Type-C to Type-A」 または「Type-C to Type-C」ですが、充電専用のケーブルは使用できません。

DualSense ワイヤレスコントローラー用の充電ケーブル

PS5に同梱されていたUSBケーブル

もし、PS5に同梱されていたUSBケーブルでないものを使用する際は、充電専用のケーブルを使っていないかの確認もしましょう。

まとめ

PS5のコントローラーを充電する方法は次の3通りあります。

  1. PS5本体からUSBケーブルで充電する
  2. コンセントから充電する
  3. 充電スタンドで充電する

おすすめの充電方法は「充電スタンド」を使うこと。コントローラーを置くだけで充電でき、次に遊ぶときはフル充電の状態で遊べて便利です。

正しく充電できていれば、コントロールセンターの「周辺機器」のコントローラーのバッテリーアイコンが動きます。レストモード中なら、コントローラーのライトバーがオレンジ色にゆっくり点滅します。

うまくコントローラーへ充電できないときは、

  1. 本体の電源が入っていない
  2. レストモード中の充電がOFFになっている
  3. USBケーブルの接続不良
  4. 充電専用のケーブルを使用している

などが原因として考えられるので、1つずつチェックしてきましょう。

次に読みたい

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

PS5の人気記事

PS5のコントローラー充電方法3つと、充電できないときの解決策
PS5のコントローラー充電方法と確認手順、充電できない原因

2022/1/7

PS5のワイヤレスコントローラー「DualSense」を充電するには、PS5本体とコントローラーを、付属のUSBケーブルでつなげるのが一般的。ですが、PS5本体以外からも充電することができます。 ただ ...

PS5

PS5で2人プレイできるおすすめソフト10選【2021年版】
PS5でオフライン2人プレイできるおすすめソフト5選

2022/1/11

オフラインで2人協力プレイができるPS5のゲームソフトをまとめました。

PS5

PS5本体には何が付属されてる?同梱品はこの7点

2022/1/7

購入時にPlayStation5(PS5)に付属されていたコントローラー用充電ケーブルやHDMI ケーブル、電源コードなどは、売却時にすべてそろっていないと買取価格がガクッと下がります。 付属品はPS ...

PS5

-PS5