プロコンやDualSenseの粉対策!100均「スティックプロテクトシール」

2022年1月3日

100均「スティックプロテクトシール」

COUPLE GAME

開設7年のブログ「カップルゲーム」運営者。PS5/Switch全モデル所有。ゲーム歴20年。遊んだゲーム数1,000以上。詳しいプロフィール

Switchのプロコンや PS4 / PS5 などのコントローラーを使っていると気になるのが、アナログスティックの軸にできる白い粉。粉がコントローラーの内部に入ると、誤作動や不具合を誘発する恐れがあります。

そこでおすすめなのが、100均ダイソーやセリアで手に入る「スティックプロテクトシール」。アナログスティックの軸に貼ることで、摩耗を低減し、白い粉がでるのを防止できる100均グッズです。

この記事では、100均のスティックプロテクトシールの概要や、コントローラーに貼った感想などをご紹介しています。プロコンや DualSense の白い粉で悩んでいる方は、ぜひご参考にしてください。

\ 動画でチェック /

100均「スティックプロテクトシール」の紹介動画

あわせて読みたい
ゲームコントローラースタンドを使っている様子
コントローラーをおしゃれにディスプレイできる100均スタンド収納

今すぐ読む

スティックプロテクトシールは必要?

スティックプロテクトシールとは、コントローラーのアナログスティックの削れを防ぐ保護シートのこと。

コントローラースティックを傾けた状態

アナログスティックは、いろんな角度に傾け、その状態でぐるぐる回すように動かすため、「軸の部分」と「軸を受ける部分」が擦れて、徐々に削れていきます。

コントローラースティックの軸の白い粉

アナログスティックが削れると、白い粉上の物体が吹き出てきます。

この微細な粉がコントローラーの内部に入り込んでしまうと、誤作動や不具合を誘発する恐れがあります。

スティックの破損や故障を防ぐためにも、摩耗を防ぐ保護シートは必要なのです。

100均のスティックプロテクトシールの基本情報

100均「スティックプロテクトシール」

商品名スティックプロテクトシール24P
対応コントローラーProコントローラー(Switch)
DualSense(PS5)
DUALSHOCK(PS4) 
サイズ11cm × 6cm
個数24枚入り
材質PET
価格110円(税込)
JAN4965534115773
製造山田化学株式会社

アナログスティックの削れを防ぐ保護シートは、100均にも取り扱いがあります。

DUALSHOCK4 や DualSense、Nintendo Switch Proコントローラーに対応したスティックプロテクトシールです(Joy-Conには対応していません)。

24枚入りなので、複数のコントローラーに使えますし、シールが剥がれても、替えがたくさんあるので安心ですね。

スティックプロテクトシールの貼り方

今回は、DualSense に 100均のスティックプロテクトシールを貼ってみます。

100均「スティックプロテクトシール」の中に入ってる黒いシール

こちらが中身。

100均「スティックプロテクトシール」の中に入ってる黒いシール

黒くて細長いシールが24枚入っています。

100均「スティックプロテクトシール」をDualSenseに貼る様子

貼る前に、アナログスティックの軸の部分の粉や汚れ、ゴミを取っておきます。

100均「スティックプロテクトシール」をDualSenseに貼る様子

スティックプロテクトシールを両手で持ち、スティックの軸に押し付けるように貼ります。

100均「スティックプロテクトシール」をDualSenseに貼る様子

100均「スティックプロテクトシール」をDualSenseに貼る様子

短い方の端を、爪楊枝や綿棒などで軸に貼り付けます。

100均「スティックプロテクトシール」をDualSenseに貼る様子

100均「スティックプロテクトシール」をDualSenseに貼る様子

残りのシールを軸に巻き付けるように貼れば完成です。

スティックプロテクトシールを貼った感想

100均「スティックプロテクトシール」を貼る前のDualSense

シールを貼る前

100均「スティックプロテクトシール」を貼る前のDualSense

シールを貼った後

スティックプロテクトシールを DualSense に貼ってみましたが、見た目はほとんど分かりません。

実際に20時間ほどゲームをプレイしてみると、白い粉が出なくなりました。いつもなら数時間プレイすると、スティックが削れて白い粉をふきますが、シールで防ぐことができました。

100均「スティックプロテクトシール」を貼った状態で操作するDualSense

貼ったあと、違和感があるのでは?と不安でしたが、シールが干渉することはなく、スティックの動きは滑らかです。シールが簡単に剥がれる様子もありません。

スティックプロテクトシールは消耗品で、約2ヵ月で交換することが推奨されています。それ以上使い続けると、粘着が弱くなり、ゲーム中に剥がれてしまう可能性があるためです。また、長期間 貼ったままにすると、のりの粘着がスティックに残ることがあります。定期的な交換が面倒ではありますが、コントローラーを長く使いたいなら、このくらいの手間をかけても惜しくありませんね。

通販サイトでは500円くらいの価格帯で同様の商品が売られていますが、100円で手に入るのは嬉しいですね。アナログスティックの白い粉に悩んでいる人は、ぜひ100均のスティックプロテクトシールを試してみてください。

まとめ

コントローラーは、スティック部分が擦れて白い粉が出ます。白い粉は故障や不具合の原因になります。100均のスティックプロテクトシールで簡単に対策ができるので、故障する前に貼っておきましょう。

あわせて読みたい
プロコンやDualSenseのスティック操作精度を向上する100均「エイムリング」
プロコンやDualSenseのスティック操作精度を向上する100均「エイムリング」

今すぐ読む

COUPLE GAME

開設7年のブログ「カップルゲーム」運営者。PS5/Switch全モデル所有。ゲーム歴20年。遊んだゲーム数1,000以上。詳しいプロフィール

-PS4, PS5, Switch
-