Switch

新型Switch(有機ELモデル)の違いは?変わった点、変わらない点まとめ

管理人 ゲームお化け

2019年3月26日

新型Switch(有機ELモデル)の違いは?変わった点、変わらない点まとめ

任天堂は、有機ELを搭載した新型Nintendo Switchを2021年10月8日に発売予定と発表しました。

これに伴い、任天堂の公式サイトには、3種類のSwitch(有機ELモデル・従来モデル・Switch Lite)の機能・特長を比較するページが公開されています。

任天堂 公式サイト機能・特長を比較する|Nintendo Switch

ただ、このページを見ただけでは何が違うのか、何が変わっていないのか?が分かりにくいんですよね。

そこでこの記事では、有機ELモデルのSwitchは、従来モデルと比較して何が違うのかについて掘り下げてみたいと思います。有機ELモデルが気になっている方はぜひご参考に。

[スポンサーリンク]

関連記事

有機ELモデルの特徴

商品名 Nintendo Switch(有機ELモデル)
画面 7.0インチ(有機ELディスプレイ)
サイズ 縦102mm×横242mm×厚さ13.9mm
重さ 約420g
本体保存メモリー 64GB
カラー ホワイト
ネオンブルー・レッド
希望小売価格 37,980円(税込)
発売日 2021年10月8日
予約開始 2021年9月下旬

2021年10月8日に発売される新型Switchには、鮮やかな発色が可能となる有機ELディスプレイを搭載。画面の縁がスリムになり、ディスプレイは7.0インチと大きくなりました。

さらに、本体メモリーが64GBに増強され、標準で有線LAN接続が可能(ドックに端子を搭載)になりました。

公式サイトNintendo Switch(有機ELモデル)

有機ELモデルの違いは10点

従来のSwitchと有機ELモデルの違いは次の10点。

モデル 有機ELモデル 従来モデル
画面の大きさ 7.0インチ 6.2インチ
ディスプレイ 有機ELディスプレイ 液晶ディスプレイ
サイズ 縦102mm
横242mm
厚さ13.9mm
縦102mm
横239mm
厚さ13.9mm
重さ 約420g 約398g
有線LAN端子 あり なし
本体保存メモリー 64GB 32GB
背面スタンド フリーストップ式
ワイドスタンド
固定式スタンド
スピーカー
(携帯・テーブルモード)
カラー ホワイト
ネオンブルー・レッド
ネオンブルー・レッド
グレー
価格 37,980円(税込) 32,978円(税込)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

画面が大きくなった

有機ELモデルと旧型Switchの画面サイズ比較

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:7.0インチ
  • Nintendo Switch:6.2インチ

新型モデルは従来とほとんど変わらない本体サイズですが、画面の縁を細くすることで0.8インチ大きくなりました。携帯モード/テーブルモードで遊ぶときに、より迫力あるディスプレイでゲーム体験ができそうです。

ちなみに、Nintendo Switch Liteは5.5インチです。

有機ELディスプレイで色鮮やかに

有機ELモデルと旧型Switchのディスプレイの比較

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:有機ELディスプレイ
  • Nintendo Switch:液晶ディスプレイ

有機ELディスプレイとは

有機ELディスプレイとは、ピクセル1つ1つが自ら発光する有機EL素子で構成されたディスプレイのこと。ピクセルの発光をオフにすることで深い黒色を表現でき、締まりのある黒とコントラストの高い鮮やかな映像が表現できます。

液晶ディスプレイは、バックライトの光を利用し、カラーフィルターを通して色を表示しています。コントラストは低く、見る角度によっては色の見え方も変わってしまいます。

テレビモードの画質は上がる?

なお、これはSwitch本体のディスプレイが有機ELになっただけで、テレビなどのモニターに出力する場合、映像の見え方に変化はありません。従来のSwitchとまったく同じ画質になります。

サイズが少し大きくなった

有機ELモデルと旧型Switchのサイズ比較

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:縦102mm×横242mm×厚さ13.9mm
  • Nintendo Switch:縦102mm×横239mm×厚さ13.9mm

本体サイズは、有機ELモデルの横幅が3mmだけ長くなっています。タテと厚みは変わりません。なお、有機ELモデルのドックサイズは、横幅が2mm長くなり、厚みが3.3mm薄くなっています。

少し重くなった

有機ELモデルと旧型Switchの重さの比較

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:約420g
  • Nintendo Switch:約398g

有機ELモデルは22gだけ重くなっています。Switch本体の重さなので、携帯モードで遊ぶときに影響があります。とはいえ、たったの22gなので気にならない程度かと思います。

有線LAN端子が搭載

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:有線LAN端子を標準搭載
  • Nintendo Switch:有線LAN端子が非搭載

有機ELモデルのNintendo Switchドックは有線LAN端子が標準搭載され、有線LANでの接続が可能になりました。

有線LANで接続できることでインターネット通信が安定し、より快適なオンラインプレイがテレビモードで楽しめます(LANケーブルは別売り)。

有線LAN接続とは、ルーターとSwitchドックの間をLANケーブルで繋げ、インターネットに接続する方式を指します。

従来のSwitchではケーブルではなく、無線LAN(Wi-Fi)接続でした。有線LAN接続するには、別売の「USB有線LANアダプター(ライセンス品で3,000円ほど)」が必要でした。

本体保存メモリーが2倍に

有機ELモデルと旧型Switchの本体保存メモリー比較

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:64GB
  • Nintendo Switch:32GB

有機ELモデルの本体保存メモリーは、従来の2倍に増強されました。

本体メモリーはダウンロード版ソフトのゲームデータ、セーブデータ、写真データなどで使用します。メモリーが少なくなったら、不要なデータを整理・削除するか、microSDカードで保存容量の拡張をしなければなりません。

64GBになったことで少し余裕ができそうです。

関連記事SAMSUNGのmicroSDカードでSwitchの容量を増やしてみた

背面スタンドがワイドに

有機ELモデルと旧型Switchの背面スタンド

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:フリーストップ式ワイドスタンド
  • Nintendo Switch:固定式スタンド

従来のSwitchにも背面にスタンドが付いており、テーブルモードで遊ぶときに活躍しました。ただ、旧型の背面スタンドは角度調整ができず、さらにスタンド自体が細いため安定しませんでした。

有機ELモデルは、本体全体をしっかり支えるワイドなスタンドを採用。角度調整も自由にできます。

関連記事100均の充電しながら使えるSwitchスタンドが超快適!

新スピーカーでサウンドがクリアに

有機ELモデルのスピーカーは新しくなり、携帯・テーブルモードで遊ぶときによりクリアな音質でゲームができます。

ホワイトカラーが登場

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:ホワイト/ネオンブルー・レッド
  • Nintendo Switch:ネオンブルー・レッド/グレー

ネオンブルー・レッドは有機ELモデルにも登場。そして新たにドックとJoy-Conが白色になった「ホワイト」が登場します。なお、従来モデルにあったグレーはありません。

価格は5,000円高い

  • Nintendo Switch 有機ELモデル:37,980円(税込)
  • Nintendo Switch:32,978円(税込)

新型Switchは、有機ELディスプレイの採用や本体保存メモリーの増強、有線LAN端子の搭載など、さまざまなスペックが向上したことにより、価格は税込5,002円アップしています。

従来のSwitchと変わらない点

従来のSwitchと変わらない点もまとめました。

  • プレイモード:TVモード/テーブルモード/携帯モードの3つのプレイモードで遊べる
  • テレビ表示:Nintendo Switchドックでテレビ表示できる
  • 遊べるソフト:全ソフト共通で遊べる(一部の「Nintendo Laboシリーズ」においてゲーム体験に違いが生じる)
  • Joy-Conの仕様:デザイン・機能に変更なし
  • バッテリー持続時間:有機ELモデルも約4.5-9.0時間
  • HD振動:有機ELモデルもJoy-Conに内蔵
  • モーションIRカメラ:有機ELモデルもJoy-Conに内蔵
  • CPU/GPU:同じCPU/GPU(NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー)
  • 解像度:1280 x720

有機ELモデルは本体サイズが少し大きくなることから、一部のNintendo Laboシリーズについてゲーム体験に違いが生じるようです。それ以外のゲームソフトは共通で遊べます。

[スポンサーリンク]

残念!有機ELモデルに搭載されなかった機能

個人的には、有機ELモデルに

  • Bluetoothオーディオ(ワイヤレスイヤホン)対応
  • Joy-Conドリフト問題の改善
  • 4K解像度に対応
  • CPU/GPUの向上

などの機能搭載やパフォーマンス向上を期待していました。

Joy-Conドリフト問題(スティック部分が勝手に動く)については特に言及されていなかったので、もしかしたら、またすぐに壊れるかもしれませんね。

Bluetoothオーディオに対応していないのは、時代遅れのゲーム機だと思わざるを得ません。

関連記事Switchでワイヤレスイヤホンを使うには?

期待以下?新型Switchは"買い"なのか

正直、Bluetoothオーディオ(ワイヤレスイヤホン)に対応したり、CPU/GPUの向上くらいはしてほしかったです。

とはいえ、「有機ELディスプレイの採用」や「画面サイズが大きくなった」こと、「スピーカーの質向上」などを考えると、携帯モードで遊ぶ人にとっては嬉しいのではないでしょうか。

また、スプラトゥーンといったオンラインプレイをよくする人なら「有線LAN端子が標準搭載」されているのは助かるかと思います。これで、後付けのUSB LANアダプターが不要になり、回線トラブルが避けられます。

つまり、新型Switchは次のような人におすすめだと思います。

  • Switch/Switch Liteを持っていない人
  • 携帯モードでSwitchをよくプレイする
  • スプラトゥーンなどのオンラインプレイをする

これに当てはまらないなら、SwitchもしくはSwitch Liteの方が安価なのでおすすめです。

[スポンサーリンク]

まとめ

有機ELモデルのSwitchは、従来モデルと比較して以下の10点が異なります。

有機ELモデルが従来のSwitchと異なる点

  1. 画面サイズが0.8インチ大きい
  2. 有機ELディスプレイで色鮮やかに
  3. 本体の横幅が3mm長い
  4. 本体が22g重い
  5. 有線LAN端子が搭載
  6. 本体保存メモリーが2倍
  7. 背面スタンドがワイドになり、角度調整も自由
  8. 新スピーカーでサウンドがクリア
  9. ホワイトカラーが登場
  10. 価格が5,002円高い

あなたは有機ELモデルのSwitch、購入しますか?下の方のコメント欄にてぜひご意見を書き込んでください。

次に読みたい

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

あなたへのおすすめ

「Switch」の人気記事

Switch版「Apex Legends」ボイスチャットのやり方1
Switch版「Apex Legends」ボイスチャットのやり方とできない原因は?

2021/6/14

Switch版「Apex Legends」にはボイスチャット機能が備わっているため、チーム内のメンバーと音声通話ができます。 やり方は、マイク付きのイヤホンやヘッドホンをSwitch本体に指すだけ(も ...

2
100均Switch便利グッズ7選【ダイソー&セリア】

2021/5/31

100均「DAISO(ダイソー)」「Seria(セリア)」では、Nintendo Switch/Switch Liteのための便利なグッズが手に入ります。 なかには、純正品や任天堂のライセンス品を買う ...

Switchのゲームカード売却時はセーブデータを削除する?3
Switchのゲームカード売却時はセーブデータを削除する?

2021/3/26

Nintendo Switchの遊び終わったゲームカードは、そのまま売って大丈夫です。セーブデータを削除する必要はありません。

-Switch

© 2021 カップルゲーム