本コンテンツは広告プログラムにより収益を得ています

「ピクミン4」オフライン2人プレイのやり方とレビュー

2023年2月9日

「ピクミン4」オフライン2人プレイのやり方とレビュー
著者

COUPLE GAME

ゲーム専門ライター|9年目ブロガー|PS5 歴3年|Switch 歴6年|ゲーム歴 25 年|YouTuber|詳しいプロフ

「ピクミン4」が 2023年7月21日 に Nintendo Switch 向けに発売されました。本作はオフライン2人プレイに対応しています。製品版をプレイして、ストーリーモードでの 2 人プレイの仕様が判明したので、この記事でやり方やレビューをご紹介します。

製品版で2人プレイしたので、やり方やレビューを掲載します。
あわせて読みたい
Switchで2人プレイできるピクミンシリーズまとめ
Switchで2人プレイできるピクミンシリーズまとめ

今すぐ読む 

ピクミン4 とは

公式サイト

タイトルピクミン4
ジャンルアクション
プレイモードTV / テーブル / 携帯
発売日2023年7月21日
プレイ人数1〜2人(オフライン)
CEROA(全年齢対象)

「ピクミン」シリーズ最新作となる「ピクミン4」。

プレイヤーは新人レスキュー隊員となり、ピクミンと共に、遭難者の救助や故障した宇宙船の復旧のために惑星を探索します。ピクミンとは、惑星に生息する謎の生物で、地面から引っこ抜くと主人公に付いてきて、惑星での探索を手助けしてくれます。

本作には赤ピクミン、青ピクミン、黄ピクミンといった基本的なピクミンのほか、シリーズ初登場となる「氷ピクミン」「ヒカリピクミン」などが登場。また、ピクミンとは違うアクションで探索を手助けしてくれる宇宙犬「オッチン」も登場します。

「ピクミン4」はナンバリングタイトルでいうと4番目にあたる作品になりますが、前作以前からのストーリー的な続きはありません。操作方法もシンプルで、序盤にチュートリアルも用意されているため、シリーズ未プレイでも難なく遊べます。

2人プレイの特徴

ピクミン4は、ストーリーモードとダンドリバトルを2人プレイできます。

ストーリーでは、エンゴ射撃で1Pをサポートしての協力プレイが、ダンドリバトルでは画面分割での対戦・協力プレイができます。

いつでも参加・離脱が可能

ストーリーモードでは、2Pはいつでも参加・離脱ができるようになっています。

「ピクミン4」のタイトル画面

2Pは、タイトル画面で参加したり、途中から参加させたりができます。

ピクミン4のふたりであそぶをやめるときの注意事項の説明画面

2人プレイで始めた場合も、途中で2Pを離脱させ、1人プレイに切り替えることも可能です。

ピクミン4のふたりであそぶをやめるときの注意事項の説明画面

2人プレイをやめると、「協力ポイント」で入手したアイテムはすべて消えてしまうので、この点にだけ注意しましょう。

スポンサーリンク

2Pはサポート役

ピクミン4のエンゴ射撃の説明画面

ストーリーモードでは、2P はサポート役です。

1P は隊員を操作し、2Pはポインターで原生生物などに狙いを定めて「エンゴ射撃」したり、アイテムを使って1Pをサポートすることができます。

ピクミン4の2人プレイの様子

エンゴ射撃すると、小石を投げて原生生物にダメージを与えることができます。

ピクミン4の2人プレイの協力ポイントの説明画面

協力プレイをすると、「協力ポイント」がたまります。協力ゲージがいっぱいになると、アイテムが手に入ります。

ピクミン4の協力ポイントで得られるアイテムの紹介画面

協力ポイントで得られるアイテムは、大爆発する岩や、凍らせるバクダンなどさまざま。

ピクミン4のストーリーでエンゴ射撃する瞬間

そのほか、エンゴ射撃で運搬中のものに当てると、いつもより早く運べたりします。

ピクミン4の2人プレイ時の2Pのコントローラーの持ち方の説明画面

コントローラーに関しては、Joy-Conを2つに分ける「おすそわけプレイ」に対応しています。おすそわけプレイのときは、1P が横持ち、2P が縦持ちとなります。

スポンサーリンク

画面分割はできない

ピクミン3デラックスを画面分割2人プレイする様子

ピクミン3は画面分割できる

ピクミン4のストーリーモードは、画面を分割しての協力プレイができません。

前作「ピクミン3 デラックス」では、2人とも隊員を操作して、画面分割で別行動をとれました。ですが、本作では2Pは完全にサポート役(サブ)です。隊員を操作することはできません。「エンゴ射撃」のみです。

ダンドリバトルも2人プレイできる

タイトルメニューから遊べるダンドリバトルでも、2人プレイが可能です。

ピクミン4のダンドリバトルで画面分割で遊ぶ様子

ダンドリバトルとは、制限時間内にオタカラや原生生物を回収し、どちらがより多くのポイントを獲得できるかを競う対戦ゲーム。

ピクミン4のダンドリバトルの設定画面

2人プレイの場合、1P と 2P が対戦するモードか、1P と 2P が協力するモードが遊べます。

対戦モードでは、1Pが左画面、2Pが右画面にわかれて、ポイントを競い合います。相手の動きを画面で確認しながら、アイテムを使ったり邪魔をしたりができます。

協力モードでは、COM(コンピューター)を相手に、1Pと2Pが協力して対戦します。協力プレイのときは、ストーリーモードと同様に、1Pが隊員を操作し、2Pはエンゴ射撃で1Pをサポートします。

ピクミン4のダンドリバトルのハンデ設定画面

ハンディキャップを選択することができます。

ピクミン4のルールの設定画面

ルール設定や対戦に使用するピクミンの変更も可能。

ピクミン4のダンドリバトルのプレイヤー設定画面

キャラクターの変更も可能。

2人プレイのやり方

ピクミン4のストーリーモードでは、2Pをはじめから参加させることも、途中から参加させることもできます。タイトルメニューから遊べるダンドリバトルでは、対戦や協力プレイが可能です。

ここでは、2人プレイのやり方についてご紹介します。

ストーリーをはじめから2人で遊ぶ

ピクミン4のタイトル画面

ストーリーを2人ではじめから遊ぶ場合、タイトル画面で「ストーリー」を選択。

「ピクミン4」のタイトル画面

プレイ人数の選択画面が表示されるので「ふたり」を選択。

ピクミン4のエンゴ射撃の説明画面

2人プレイの説明が表示されるので「はじめる」を選択。

ピクミン4のコントローラー登録画面

Joy-Conをおすそわけして、コントローラーを登録します。

あわせて読みたい
Switch「おすそわけプレイ(2人プレイ)」のやり方【初心者向け】
Switch「おすそわけプレイ(2人プレイ)」のやり方【初心者向け】

今すぐ読む 

ピクミン4の2人プレイ時の2Pのコントローラーの持ち方の説明画面

なお、2P はJoy-Con 横持ちではなく、縦持ちとなります。

ピクミン4の2人プレイの様子

会話シーンは操作できませんが、1Pが動けるようになると、2Pもエンゴ射撃ができるようになります。

ピクミン4のポーズメニュー

離脱したい場合は、1P がコントローラーの「-(マイナス)」ボタンを 2 度押して、ポーズメニューの[ひとりで遊ぶ]を選択すると、2Pがいなくなります。

スポンサーリンク

ストーリーを途中から2人で遊ぶ

ピクミン4を1人プレイする様子

1Pでストーリーを進め、途中から2Pを参加させることもできます。

ピクミン4のポーズメニュー

1Pがコントローラーの「-(マイナス)」ボタンを押して、ポーズメニューの[ふたりで遊ぶ]を選択します。

※先に Joy-Con を切り離して「おすそわけ」するとコントローラーの持ち方が変わるので注意。

ピクミン4のコントローラー登録画面

Joy-Conをおすそわけして、コントローラーを登録します。

あわせて読みたい
Switch「おすそわけプレイ(2人プレイ)」のやり方【初心者向け】
Switch「おすそわけプレイ(2人プレイ)」のやり方【初心者向け】

今すぐ読む 

ピクミン4の2人プレイの様子

これで、2Pが参加できます。

スポンサーリンク

ダンドリバトルを2人で遊ぶ

ピクミン4のタイトル画面

タイトルから「ダンドリバトル」を選択。

ピクミン4のダンドリバトルの設定画面

遊ぶ人数を選択します。

ストーリーの途中であそべるダンドリチャレンジのように、1P と 2P が協力して COM と戦うほか、1P と 2P が対戦することも可能です。

ステージを選択します。はじめは 1 ステージしか選択できません。ストーリーを進めると、新しいステージが解放されていきます。

ピクミン4のダンドリバトルの設定画面

ゲームをはじめる前に、「プレイヤー設定」「ルール設定」「ハンデ設定」などを好きなように変更していきます。

準備が整ったら「はじめる」を選択。

ピクミン4のダンドリバトルで画面分割で遊ぶ様子

2人プレイがはじまります。

2人プレイのレビュー

ピクミン4の2人プレイの画面

2P は隊員を操作することができず、ポインターで照準を合わせてターゲットに小石を投げて攻撃を行う、いわば 1P のサポート役です。この立ち位置がかなり微妙で、退屈でしかありません。

2P のできることと言えば、原生生物を攻撃してダメージを与えたり、運搬中のものに小石をあててアイテムの運搬を早めること。あとは、たまにアイテムを出したり、1P にアドバイスするくらいです。やることは単調で、できることにも制限がかかっているので、次第に飽きます。

正直、別に 2P のサポートがなくても 1P は困ることはないので、2P は自然と傍観者(見るだけ)となってしまいます。逆に、2P が手を貸し過ぎると手強い敵も簡単に倒せてしまうので、2P は1P が楽しめるよう、加減しながらプレイしなければなりません(親子で遊ぶならそれで良いかもしれませんが)。

「ピクミン4」は、時間をかけてじっくり探索したくなるステージが多いだけに、2P も「ピクミン3 デラックス」のように自由に行動できるようにしてほしかったです。この不満は、自分だけでなく、多くのピクミンファンが抱いていることでしょう。

ただ、ゲームとしての完成度は素晴らしいです。「自分はサポート役(見てるだけ)でもいいから 2 人プレイしたい」と割り切れるなら、楽しめるはずです。

まとめ

ピクミン4はオフラインで2人プレイができます。

2人プレイでは、1P が隊員を、2Pは「エンゴ射撃」でサポートします。エンゴ射撃でサポートすると「協力ポイント」がたまるので、2人プレイでも楽しめるよう工夫がされているように感じました。

ただ、多くのシリーズファンが願っていたのは、こういったサポート役ではなく、画面分割で2人で一緒に探索プレイすることだと思います。この仕様になったのは、残念で仕方ありません。

2人とも隊員になって、手分けして探索を楽しみたかった…
次に読みたい
Switchおすそわけプレイ(協力プレイ)対応おすすめソフトまとめ
Switchおすそわけプレイ対応おすすめソフト20選

今すぐ読む 

著者

COUPLE GAME

ゲーム専門ライター|9年目ブロガー|PS5 歴3年|Switch 歴6年|ゲーム歴 25 年|YouTuber|詳しいプロフ

-Switch
-