ボードゲーム

100均「ダイソー」2人で遊べるおすすめボードゲーム7選

管理人 ゲームお化け

2021年4月21日

100均「ダイソー」2人で遊べるおすすめボードゲーム7選

100均「DAISO(ダイソー)」には、数多くのボードゲームが売られています。

ボードゲームは高価なものが多く、なかなか手を出しにくいイメージですが、ダイソーならたったの100円で買えます。しかも、100円とは思えないようなクオリティで。

この記事では、そんなダイソーで買えるボードゲームのうち、2人で遊べるものをピックアップ。友達や夫婦、親子でボードゲームをしたい方はぜひチェックしてみてください。

トウキョウのハト エサバ・バトル

トウキョウのハト エサバ・バトルの外箱

トウキョウのハト エサバ・バトルの外箱

商品名 トウキョウのハト エサバ・バトル
プレイ人数 2人
対象年齢 8歳~
プレイ時間 5~10分
難易度 ★★★
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

変則的に変わる4×4の場で、カードを動かしながらボスハトを囲い込む2人対戦用カードゲーム。

交互にハトを出す

ボスハトが囲まれたら負け

ボードにある自分のハトを移動するか、手札のハトを出し、相手のボスハトを囲い込んだほうが勝ち。

かわいらしいイラストですが、頭を使う本格派ボードゲームです。

遊び方については『ダイソー「トウキョウのハト エサバ・バトル」の遊び方・ルール』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

[スポンサーリンク]

オストル

ダイソーのOstleの箱

ダイソーのOstleの箱裏

商品名 オストル
プレイ人数 2人
対象年齢 6歳~
プレイ時間 5~15分
難易度 ★★★
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

将棋に似た2人対戦用ボードゲーム。

雅ゲームス制作のボードゲームで、オリジナル版Ostleは1,650円くらいします。ダイソーバージョンのOstleは、オリジナル版の遊び方はそのままに、たったの110円という低価格で遊べるようになっています。

Ostle

相手のコマを外に押し出す

盤面には穴があります。自分の「コマ」か「穴」のどちらかを押して(移動させて)、相手のコマをこの穴に落とすか、盤の外に押し出します。先に相手のコマを2個取ったほうが勝ち。

シンプルだけど頭を使う、奥深いボードゲームです。

遊び方については『「Ostle(オストル)」のルール・遊び方とレビュー』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

[スポンサーリンク]

アロハ!バーガー

アロハ!バーガーの外箱

アロハ!バーガーの外箱の裏

商品名 アロハ!バーガー
プレイ人数 2~4人
対象年齢 6歳~
プレイ時間 15分
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

ハンバーガーチェーン店「クアアイナ」がコラボしたボードゲーム。具材を覚えて集め、注文通りのハンバーガーをつくる神経衰弱です。

広げたカードを1枚めくる

テーブルに広げられた裏向きの具材カードを1枚選んでめくり、注文カード(写真上)の通りにカードを集めていきます。

注文されたカードがすべてそろった状態

注文の具材がすべてそろったらハンバーガーの完成。

完成したバーガー3つ

先に3つのハンバーガーを完成させた人の勝利となります。

遊び方については『ダイソー「アロハ!バーガー」のルール・遊び方とレビュー』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

[スポンサーリンク]

オーダーピザーラ

オーダーピザーラ

オーダーピザーラ

商品名 オーダーピザーラ
プレイ人数 2~6人
対象年齢 8歳~
プレイ時間 10~20分
難易度
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

宅配ピザチェーン「ピザーラ」とのコラボ商品。

テーブルの上に並べられたピザカードを奪い合い、オーダーどおりにピザを完成させ、高得点を競うカードゲームです。

テーブルの上に並べたピザカード

裏返しの黒いカードをめくる

テーブルにある同じアルファベットのカードをとる

裏が黒のカードを1枚めくり、めくったカードに書かれているアルファベットと同じカードを奪い合います。

オーダーピザーラの得点の計算

8回繰り返すと、手元に8枚のピザカードがあるので、それらをつなげると1枚のピザが完成。

オーダー表をもとに得点を計算して、高得点をとった人の勝ち。

遊び方については『ダイソー「オーダーピザーラ」の遊び方』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

[スポンサーリンク]

18(イチハチ)

18の箱

18の箱

商品名 18
プレイ人数 2人
対象年齢 6歳~
プレイ時間 5~10分
難易度 ★★
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

じゃんけんを10回遊ぶだけの簡単なゲーム。

18でじゃんけんをする様子

得点チップと指タイルを分ける

ただし、使える指は18本。チョキなら2本、パーなら5本を消費します。

得点の計算方法

さらに、指タイルが残っているので減点対象となるので、うまく使い切る必要もあります。

子どものころから遊んでるじゃんけんで、違った遊び方ができます。

遊び方については『ダイソー「18(イチハチ)」のルール・遊び方とレビュー』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

ぼくちく!!

ぼくちく!!の箱

ぼくちく!!の外箱

商品名 ぼくちく!!
プレイ人数 2~6人
対象年齢 6歳~
プレイ時間 5分
難易度
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

めくったカードと同じ絵のどうぶつコマを奪い合うシンプルなゲーム。

ぼくちく!!の遊ぶ準備

「せーの!」で自分の山札のカードをめくり、めくったカードと同じどうぶつコマを素早くとります。

カードと同じどうぶつコマを取る

どうぶつコマを取れたら、そのカードをゲット。カードを多くとった人の勝ち。

頭を使わない単純なゲームだからこそ、白熱必死のバトルが繰り広げられます。

遊び方については『ダイソー「ぼくちく!!」のルール・遊び方とレビュー』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

クローバーブーケ

クローバーブーケ

クローバーブーケ

商品名 クローバーブーケ
プレイ人数 2人
対象年齢 8歳~
プレイ時間 5~10分
難易度 ★★
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

自分の手札と、相手の手札から引いた合計2枚のカードの合計数を競うシンプルなゲーム。

相手の手札からカードをひく

自分の手札からカードを出す

相手の手札のカードを1枚引いて、そのカードを見てから自分の手札のカードを1枚出します。

場にあるカードの合計数を比べる

この2枚のカードの合計数字が大きい方が勝ち。これを5回繰り返して勝った回数が多いプレイヤーがゲームの勝者。

ただし、4のカードを出したとき、または相手の手札から引いたときは、数字の小さい方が勝者となります。

遊び方については『ダイソー「クローバーブーケ」のルール・遊び方とレビュー』で詳しく解説しているのでそちらをご参考に。

まとめ

ご紹介したように、ダイソーにはさまざまな遊び方のボードゲームがたったの100円で手に入ります。

100円という価格なので、一般的なボードゲームのような凝ったパーツはありません。でも、普通に楽しく遊べます。

プレイ時間も短いので、「じっくり遊ぶ」というより「サクッと遊べる気軽さ」も良いと思いました。

100円で買えるので、ぜひいくつか買ってみて、お気に入りのボードゲームを探しあててみてください。

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

あなたへのおすすめ

-ボードゲーム