HABA「マイファーストゲーム・果樹園」ルールとレビュー

管理人 ゲームお化け

2021年11月29日

HABA「マイファーストゲーム・果樹園」ルールとレビュー

2歳から遊べるボードゲームとして有名なのが、HABA(ハバ)の「マイファーストゲーム・果樹園」。

カラスに横取りされないように、全員で協力して、果樹園にある色とりどりのフルーツを狩り尽くすボードゲームです。

今回は、このボードゲームを遊んだことのない方に向けて、「マイファーストゲーム・果樹園」の遊び方・ルールのほか、実際に2歳児に遊ばせみてのレビューをご紹介します。

「マイファーストゲーム・果樹園」とは

マイファーストゲーム・果樹園の外箱

商品名 マイファーストゲーム・果樹園
(Meine ersten Spiele - Erster Obstgarten)
対象年齢 2~6歳
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 10分
難易度 ★☆☆
ブランド HABA(ハバ)

「マイファーストゲーム・果樹園(原題:Meine ersten Spiele - Erster Obstgarten)」は、ドイツ・ハバ社の定番幼児ゲーム「果樹園ゲーム」の低年齢版。

カラスに横取りされないように、全員で協力して、果樹園にある4色のフルーツを狩り尽くす協力型ボードゲームです。

対象年齢は2歳~6歳ごろまで。ルールはとっても簡単で、参加者同士の勝ち負けもないので幼児でも楽しく遊べます。

「果樹園ゲーム」との違い

「マイファーストゲーム・果樹園」と似ているボードゲームがもう1つあります。「果樹園ゲーム」というボードゲームで、これは3歳児以上が対象となっています。

主な違いは次の通り。

  • 全員で摘み取らねばならない果実の総数
  • カラスが果樹園まで到達するマス目の数
  • 木製の果実の大きさ

「マイファーストゲーム・果樹園」は2歳児以上が対象となっているため、誤飲を防ぐ目的で木製の果実がかなり大きく、握りやすくつくられています。

果実の総数やカラスのマス目の数も少なく、短時間で終わるように工夫されています。そのため、低年齢でもさいごまで集中して遊べます。

セット内容

マイファーストゲーム・果樹の果物パーツ

マイファーストゲーム・果樹のカード

  • カラス:1匹
  • バスケット:1個
  • 果物:16個(赤リンゴ・緑リンゴ・洋ナシ・プラム各4個)
  • 小道カード:5枚
  • 果樹カード:4枚
  • サイコロ:1個

マイファーストゲーム・果樹の説明書

日本語版は、日本語の説明もきちんと付属されます。

マイファーストゲーム・果樹の説明書

日本語でルール説明の記載があります。輸入版は日本語対応していないので注意。

ゲームの準備

マイファーストゲーム・果樹園のパーツをすべて並べた状態

4枚の果樹カードをテーブルに広げて、同じ色の果物を4つまとめてその上に置きます。

次に小道カード5枚を果樹カードの近くに一列に並べ、最初の小道カードの前にカラスを置きます。

バスケットとサイコロを用意したら、ゲームをはじめましょう。

遊び方・ルール

時計回りで順番を進めます。

マイファーストゲーム・果樹園のサイコロ

一番最近リンゴを食べた人、もしくは最年少のプレイヤーからはじめます。自分の番になったらサイコロを振ります。サイコロの出目と同じ色の果物

赤いリンゴをバスケットに入れる

サイコロで「赤」「青」「黄」「緑」が出たら、出た色と同じ色の果物を果樹園から1つ取り、バスケットに入れます。

もし同じ色の果物が果樹園にない場合は、何も取ることができません。

サイコロのバスケットの出目

サイコロでバスケットが出たら、好きな色の果物を1つ選んで、バスケットに入れます。

サイコロのカラスの出目

サイコロでカラスが出たら、カラスが果樹園に近づきます。カラスを小道カード1枚分だけ果樹園に向けて進みます。

サイコロを振ったら、次のプレイヤーにサイコロを渡しましょう。

すべての果物を入れたバスケット

果樹園に到着したカラス

ゲームは、

  • 勝ち:カラスが果樹園にたどり着く前に、すべての果物を収穫
  • 負け:すべての果物を収穫する前に、カラスが果樹園にたどり着く

のいずれかで終了です。

[スポンサーリンク]

育まれる子どもの力

マイファーストゲーム・果樹園で遊ぶ2歳児

「マイファーストゲーム・果樹園」で遊ぶことによって、

  • 順番を守る
  • サイコロを振る
  • 色の認識
  • 色と果物の対応関係を覚える

といった力が楽しく身につきます。

遊ぶときは、「○○(子どもの名前)の順番ね」と言いながらサイコロを渡すと、「ゲームで遊ぶときは順番が回ってくる」といった基本的なルールが理解できるようになります。

2歳児を遊ばせてみての感想

「マイファーストゲーム・果樹園」を2歳4か月の息子と遊んでみました。

マイファーストゲーム・果樹園で遊ぶ2歳児

このボードゲームはとにかくルールが簡単。

購入前は「2歳児でもホントに遊べるの?」とやや疑っていましたが、数字や文字を知らなくても遊べるので、2歳児でも数回 遊べば、なんとなくルールを覚えてくれます。

マイファーストゲーム・果樹の果物を手に持つ2歳児

子どもの手でもしっかりとつかめる、ゴロッとした大きな果物も魅力的。

木製でできているので、安っぽくありません。子どものおもちゃにはプラスチックが多いですが、木製ということで好感が持てます。

今ではすごく気に入ってくれて、遊び終わったあとも「もっかい(もう1回 遊ぼう!)」とねだってきます。

まとめ

「マイファーストゲーム・果樹園」は、その名の通り、幼児のはじめてのボードゲームに最適です。

順番にサイコロを振って、サイコロが示した色や形を認識し、対応するコマを選ぶことで、さまざまな力が身につきます。

ウチの2歳の息子も楽しく遊び、このボードゲームのおかげで色を覚えることができました。知育系の幼児向けボードゲームを探している方は、ぜひ一緒に遊んであげてくださいね。

次に読みたい

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

-ボードゲーム