ボードゲーム

ダイソー「アロハ!バーガー」のルール・遊び方とレビュー

管理人 ゲームお化け

ダイソー「アロハ!バーガー」のルール・遊び方とレビュー

100均ダイソーには、クアアイナとコラボしたボードゲーム「アロハ!バーガー」が売っています。この記事では、ルールや遊んだ感想などをご紹介します。

アロハ!バーガーとは

アロハ!バーガーの外箱

アロハ!バーガーの外箱の裏

商品名 アロハ!バーガー
プレイ人数 2~4人
対象年齢 6歳~
プレイ時間 15分
価格 110円(税込)
販売店 ダイソー

アロハ!バーガーは、ダイソーとハンバーガーチェーン店「クアアイナ」がコラボしたボードゲーム。具材を覚えて集め、注文通りのハンバーガーをつくる神経衰弱です。

公式サイト大創出版

入っているもの

具材・注文・サブ・説明カード

  • 具材カード:40枚
  • 注文カード:8枚
  • サブカード:2枚
  • 説明カード:5枚

カードは合計で55枚入っています。材質は紙。すべてハンバーガーの形をしています。サイズは63mm×63mmでちっちゃめ。

[スポンサーリンク]

ルール・遊び方

ルールはちょっと分かりにくいので、先にダイソーの公式動画(上)を見ておおまかな流れを把握すると良いでしょう。

遊ぶ準備

8種類の具材カードで山札をつくる

まずは山札をつくる

8種類の具材カードを1枚ずつ抜き出し、バンズの絵が描かれた裏面を上にして重ねます。これは「山札」と呼びます。

テーブルの上に広げたカード

次にカードを広げる

残りの32枚のカードは、テーブルの上にバラバラになるよう広げます。

じゃんけんで「親」を決めます。親は「注文」を決めます。親の役は時計回りで次のプレイヤーへ移り変わります。

準備は以上です。

ゲームの流れ

注文カード3枚

親は注文カードから好きな具材を3~4つ選びます。

注文カードには裏表があり、「×2」と書かれた方はその具材を2つ注文する意味になります。

上写真の場合、「肉:1枚 トマト:1枚 レタス:1枚」が注文となります。

広げたカードを1枚めくる

親の左隣にいる人からゲームスタート。

テーブルに広げられた裏向きの具材カードを1枚選んでめくります。それが注文された具材であり、注文数をオーバーしていなければセーフ。

注文にないカードをめくって失敗

セーフなら続いて2枚目をめくります。

注文にないカードをめくったら失敗。注文数を超えても失敗。

失敗したら次の人の番です。

※テーブル上の1度めくったカードは、表向きのままにします。

次の人がカードをめくる

次の人も同様に、具材カードをめくっていきます。

※失敗するか、バーガーが完成するまで何週も続きます。

注文されたカードがすべてそろった状態

注文の具材がすべてそろったら、バンズの「山札」から2枚とって、注文の具材を挟んでハンバーガーをつくります。

完成したバーガー

つくったバーガーは、バーガーを完成させた人が受け取ります。

ゲームの再開

バーガーが完成したら、親を交代して再スタート。

表にした具材カードは裏にして、親が注文カードを3~4枚選びます。

完成したバーガー3つ

これを繰り返し、先に3つのハンバーガーを完成させた人の勝利。

遊んだ感想

アロハ!バーガーのカードと箱

  • ルールが長くて若干わかりにくい
  • ハンバーガーカードがかわいい
  • 子どもとカードでごっこ遊びができそう

遊ぶ前にまず、同梱の説明カードでルールを理解するところから始めるのですが、この説明カードが5枚(両面)もあって、読むのが面倒でした。説明もちょっとよくわからない部分があり、ダイソーの公式動画をみてやっと理解したので苦労しました。

ちょっと理解するのに手こずりましたが、遊んでみると面白いです。今回は2人で遊びましたが、4人集まれば2vs2のチーム戦ができるので、もっと楽しめると思いました。

ハンバーガーのカードはかわいいですね。小さい子どもがいれば、ごっこ遊びとしても使えそうです。

まとめ

アロハ!バーガーは、ダイソーとクアアイナのコラボ商品です。

テーブルに広げられた具材カードの場所を覚えて、注文どおりにカードを集めていく神経衰弱ゲームです。普通の神経衰弱に「注文」という要素が加わることで面白さが増しています。

100円でこのクオリティはすごいと思いました。カードゲームが好きな方はぜひダイソーにてチェックしてみてください。

次に読みたい

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

あなたへのおすすめ

-ボードゲーム