本コンテンツは広告プログラムにより収益を得ています

「PULSE Explore」と「PULSE Elite」の違いは?買うならどっち?

2023年12月31日

「PULSE Explore」と「PULSE Elite」の違いは?買うならどっち?
著者

COUPLE GAME

ゲーム専門ライター|9年目ブロガー|PS5 歴3年|Switch 歴6年|ゲーム歴 25 年|YouTuber|詳しいプロフ

※2024.02.14 更新:違いに「有線接続の有無」を追記

2024年2月21日に、PS5 向けのオーディオ機器「PULSE Elite」が発売されます。

「PULSE Elite」は、PS5 と同日に発売された「PULSE 3D」の後継機にあたるワイヤレスヘッドセット。ブームマイクが搭載されていたり、押し分けのしやすいボタン配列になっていたりと、「PULSE 3D」からさまざまな改良が加えられています。

PS5 向けのオーディオ機器と言えば、2023年に「PULSE Explore」がすでに発売されています。「PULSE Elite」とは、何が違うのでしょうか?

この疑問を解決するために、本記事では、PULSE Explore と PULSE Elite の共通点と相違点を詳しく解説します。最終的にどっちを選ぶべきなのかも解説するので、PS5 や PS Portal のワイヤレスオーディオを探している人はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
「PULSE 3D」と「PULSE Elite」
「PULSE 3D」と「PULSE Elite」の違い 7 選|買うならどっち?

今すぐ読む 

PULSE Explore と PULSE Elite の共通点

PULSE Explore と PULSE Elite の共通点

PULSE Explore と PULSE Elite に共通して搭載されている特徴的な機能は次の 3 つ。

  1. PlayStation Link
  2. プレーナーマグネティックドライバー
  3. ノイズリジェクション

それぞれ、どんな機能で、何ができるのかを解説します。

PlayStation Link に対応

「Bluetooth」と「PlayStation Link」

PULSE Explore と PULSE Elite は、「Bluetooth」と「PlayStation Link」の 2 つの異なる無線通信技術に対応しています。

PlayStation Link とは、SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)がプレイステーション製品 向けに独自に開発した無線通信技術。Bluetooth に比べて音質の劣化や伝送の遅延が少ないのが最大の特徴です。

「PULSE Explore ワイヤレスイヤホン」と新型PS5

PlayStation Link で接続するには、付属の「PlayStation Link USB アダプター」を使います。これを PS5 や PC といったデバイスに挿すことで、PULSE Explore または PULSE Elite と、PlayStation Link を使った無線接続が可能になります。USB アダプターは、PULSE Explore と PULSE Elite に、それぞれ 1 つずつ付属されます。

PULSE Exploreと接続したPS Portal

PlayStation Portal リモートプレイヤー に関しては、PlayStation Link が本体に内蔵されているため、PS Link USBアダプターを使わずに直接の無線接続が可能です。

「Bluetooth」と「PlayStation Link」

ちなみに、「Bluetooth」と「PlayStation Link」は、それぞれ単独で使用することも、同時に使うこともできます。これにより、スマホとは Bluetooth で接続して音楽を流しつつ、PS5 は PlayStation Link で接続してゲーム音を聞く、という使い方ができます。

プレーナーマグネティックドライバーを採用

プレーナーマグネティックドライバーとダイナミックドライバーの違い

PULSE Explore と PULSE Elite は、独自設計の「プレーナーマグネティックドライバー」を採用しています。

プレーナーマグネティックドライバーとは、フラットな形状をしている振動板を磁石で挟み、磁気の力で振動させて音を発生させるタイプのドライバー(振動板)のこと。比較的 安価なオーディオ機器に採用されている「ダイナミックドライバー」に比べ、音の歪みが少なくクリアな音が鳴らせます。

PULSE Explore と PULSE Elite に採用されているプレーナーマグネティックドライバーはゲーム向けにチューニングされているもので、細かい音の再現性が高いのが特徴。何度かプレイしたことのあるゲームでも、PULSE Explore や PULSE Elite を装着して再びプレイすれば、今まで聞き逃していた小さな音を聞き分けられ、新しい感覚で遊べるでしょう。

あわせて読みたい
PULSE Explore / Elite の音質を劇的に変える 2 つのおすすめ設定
PULSE Explore / Elite の音質を劇的に変える 2 つのおすすめ設定

今すぐ読む 

マイクにノイズリジェクションを搭載

ノイズリジェクションの特徴

PULSE Explore と PULSE Elite は、マイクに「ノイズリジェクション」が搭載されています。

ノイズリジェクションとは、マイクが拾った音を即座に「声」と「周囲の雑音」に分け、周囲の雑音だけをカットし、声だけを相手に届ける AI 技術。通話中に背後で掃除機を大音量でかけられても、掃除機の音を聞こえないくらいに小さくし、口元から発せられた音声だけを相手に届けます。特にゲームをしながらのボイスチャットで活躍する機能です。

PULSE Explore と PULSE Elite のノイズキャンセリング機能

なお、周囲の雑音をカットして、イヤホンやヘッドホンから鳴る音を聞こえやすくする「ノイズキャンセリング」は、PULSE Explore も PULSE Elite も搭載されていません。周囲の雑音をカットする機能は、マイクにのみ搭載されています。

スポンサーリンク

PULSE Explore と PULSE Elite の違い

PULSE Explore と PULSE Elite は基本的な性能は同じですが、機能面などで細かな違いがあります。購入の際、抑えておきたい違いは次の 8 点です。

  1. 価格
  2. 携帯性
  3. 装着感
  4. 音の聞こえ方
  5. マイクの位置
  6. 稼働時間
  7. 充電方法
  8. 有線接続の有無

これらの違いは購入の際の重要な判断材料になるので、しっかりチェックしておきましょう。

1. 価格

PULSE Explore と PULSE Elite の価格

PULSE Explore の定価は 29,980 円(税込)。対して、PULSE Elite の定価は 18,980 円(税込)です。PULSE Elite の方が 11,000 円も安くなっています。

PULSE Elite の方が安いからと言って、音質が悪くなることはありません。採用されているドライバーは PULSE Explore とまったく同じなので、音質が大きく変わることはありません。むしろ、PULSE Elite の方がドライバー口径が大きいので、繊細な音、迫力のある音の再現性は、PULSE Explore よりも優位です。

値段だけで決めず、携帯性や装着感もチェックしましょう。

2. 携帯性

PULSE Explore と PULSE Elite の携帯性

PULSE Explore と PULSE Elite は大きさが異なるので、持ち運びのしやすさに違いが生じます。外出先で使うことも考えているなら、携帯性も重視しましょう。

PULSE Explore はケースに入れて持ち運べるため、携帯性には優れています。一般的なワイヤレスイヤホンと比べると充電ケースは大きいものの、それでもヘッドセットよりは持ち運びはしやすいサイズ感です。

一方の PULSE Elite は本体がとても大きく、折りたたみができないため、カバンなどに入れて持ち運ぶのは困難です。外で使う場合、首にかけて携帯することになりますが、常に首にかけておくと肩が凝ったり、首まわりが窮屈に感じることがあります。また、装着時に目立って周囲の目が気になる、髪型が崩れてしまうなどの欠点もあります。

外出先での使用も想定しているなら、携帯のしやすい PULSE Explore の方が良いかもしれません。

3. 装着感

PULSE Explore と PULSE Elite とでは、装着感(着け心地)が大きく異なります。

PULSE Explore の装着感

PULSE Explore は、イヤホン本体を耳の穴に差し込んで装着します。片耳 わずか 6.1g と非常に軽量で、ヘッドセットのような重量感、締め付け感はありません。耳へのフィット感がイマイチでも、イヤーピースを変えて調整できるのもイヤホンの良いところ。一方で、装着時に耳の穴に差し込まなければならないので、この感覚が気持ち悪いと思う人も少なからずいるでしょう。

PULSE Elite の装着感

PULSE Elite は、ヘッドバンドを頭のてっぺんに軽く乗せ、耳全体をイヤーパッドで覆うように装着します。頭や顔との接点が多いため、装着する人の頭の形によって、合う・合わないがハッキリと分かれます。自分の頭の大きさや形に合っていれば長時間 着けていても違和感を覚えませんが、もし合っていないと、圧迫感や痛みを感じてすぐにゲームに集中できなくなります。

自分はヘッドセットとメガネが干渉するのが嫌なのでイヤホン派。

4. 音の聞こえ方

PULSE Explore と PULSE Elite の音の聞こえ方

PULSE Explore と PULSE Elite には、どちらにも同じ種類のドライバーが搭載されています。ただし、イヤホンとヘッドフォンでは音の伝わり方が異なるので、聞こえ方にも差があります。

PULSE Explore はイヤホンを耳の穴に差し込み、鼓膜の近くで音を鳴らすため、ゲーム内の繊細な音も聞き取りやすいのが特徴。これに対して PULSE Elite は、耳を覆うイヤーパッドの中に空洞ができるので、空間の広がりを意識しながらゲーム内の音が伝わってきます。

PULSE Explore が頭の中で音が鳴っている感じであるのに対して、PULSE Elite は耳元で音が鳴っている感覚が強いです。

好みもありますが、個人的にはヘッドホンの聞こえ方の方が好き。

5. マイクの位置

PULSE Explore と PULSE Elite のマイク位置の違い

PULSE Explore と PULSE Elite には、ゲーム内のボイスチャットや、スマホなどの通話で使用するためのマイクが搭載されています。マイクの位置は、PULSE Explore と PULSE Elite では大きく異なります。

PULSE Explore のマイクはイヤホン本体、つまり「耳元」にあります。口元から大きく離れてしまうため、マイク位置としてはかなり不利な状況。小さな声だと拾いにくくなる可能性があります。これは PS5 本体の設定でマイク感度を上げれば解消できますが、上げ過ぎると周囲の雑音を拾ってしまうリスクがあります。

PULSE Elite のマイクは格納式になっており、使うときにだけ「口元」に引き出します。引き出した際、マイクと口の距離が近くなるため、音声を正確に拾えます。

6. 稼働時間

PULSE Explore と PULSE Elite のバッテリー持ち

PULSE Explore は、内蔵バッテリーだけで最大 5 時間、充電ケースを使えばさらに最大 10 時間の再生が可能です。これはつまり、イヤホン単体だけで連続 5 時間の使用が可能で、合間に充電ケースで充電しておけば、最長で 15 時間までバッテリーが持つ、ということ。

PULSE Elite は、内蔵バッテリーだけで最大 30 時間の再生が可能です。オーディオ単体で比べると、PULSE Explore の 6 倍もバッテリーが長持ちします。5 時間以上の連続使用を想定しているなら、PULSE Elite の方が良いでしょう。

7. 充電方法

PULSE Explore の充電方法

PULSE Explore は、イヤホン本体を充電ケースにセットすれば充電ができます。充電ケース自体は、PS5 など USB Type-A 端子のある機器にケーブルで接続することで充電ができます。

イヤホン本体は、約 10 分間の充電で最大 1.5 時間の再生が可能です。バッテリー残量 0 の状態から 100% になるまでは、イヤホン本体で約 40 分、充電ケースで約 1.5 時間かかります。

あわせて読みたい
PULSE Explore の充電方法と充電できないときの対処法

今すぐ読む 

 PULSE Elite の充電方法

PULSE Elite は、付属のチャージングハンガーを使用して充電します。

チャージングハンガーは壁掛けフックのような見た目をしており、壁や机などに取り付けられる構造になっています。このチャージングハンガーに USB ケーブルを接続し、フック部分に PULSE Elite を引っかけることで、収納と同時に充電ができる仕組みです。

また、チャージングハンガーを使用せず、ヘッドセット本体の USB 端子にケーブルを直接 差しての充電もできます。この方法なら、充電しながら PS5 のゲームを遊ぶことが可能です。

充電スピードは PULSE Explore よりも早く、約 10 分間の充電で最大 2 時間の再生が可能。

充電に関しては PULSE Elite の方が便利。

8. 有線接続の有無

PULSE Explore とデバイスとの接続方法は、「Bluetooth」と「PS Link」の 2 種類です。どちらも無線通信で、デバイスと有線で接続することはできません。

PULSE Elite は、「Bluetooth」と「PS Link」の 2 つの無線接続に加えて、有線接続も可能です。市販の 4 極または 3 極の音声ケーブルを用意すれば、PS Portal をはじめとする対応機器の 3.5mm 音声端子(ステレオミニプラグ)に接続できます。

有線接続にすると Bluetooth や PS Link が使えなくなりますが、遅延や音飛びがなくなります。ヘッドセットのバッテリー残量を気にする必要もなくなります。

スポンサーリンク

買うならどっちがおすすめ?

PULSE Explore と PULSE Elite は、装着感や使い勝手などさまざまな部分で違いがあります。どちらにも良い面、悪い面があるので、自分が使い続けやすいと思えることを基準にして選びましょう。

ここでは、PULSE Explore と PULSE Elite が、それぞれどういった人に向いているワイヤレスオーディオなのかを紹介しているので、購入の際の判断材料にしてみてください。

PULSE Explore を買うべき人

PULSE Explore がおすすめな人

PULSE Explore は、次のようなゲーマーにおすすめです。

  • 装着感は軽い方が好き
  • 外出先でも使用したい

PULSE Explore がおすすめな人

ヘッドセットを装着して、一度でも「頭や耳が圧迫される感覚が苦手」と感じた人には、軽い着け心地の PULSE Explore がおすすめです。

PULSE Elite だと、顔や耳との接点が多く締め付け感も強いため、装着する人の頭の大きさや形に合わなければ耳まわりに痛みを感じます。特にメガネをかけている人だとこの傾向が顕著で、耳まわりのフレーム部分がイヤーパッドと干渉し、違和感や痛みを感じることが多いです。

ですので、ヘッドセットで一度でも装着感が気になった経験のある人、メガネをかけてゲームをする人は、軽い装着感の PULSE Explore を買った方が失敗がありません。

PULSE Explore がおすすめな人

周囲の騒音が気になる場所での使用を考えている人にも PULSE Explore がおすすめです。PULSE Explore は耳栓のように耳の穴に差し込んで装着するため、密閉性が高く、外部の騒音が入ってきにくいです。PULSE Explore も PULSE Elite も「ノイズキャンセリング」は搭載されていないので、遮音性の高さを重視するなら、PULSE Explore の方が良いでしょう。

また、PULSE Explore はコンパクトなので携帯しやすく、装着しても目立ちにくいので、外出先でも気軽に使えます。

以上をまとめると、「軽快な装着感が好きな人」「外出先でも使用したい人」には PULSE Explore がおすすめです。

普段からイヤホン使ってる人は、PULSE Explore を買うのがおすすめ。

PULSE Elite を買うべき人

PULSE Elite がおすすめな人

PULSE Elite は、次のようなゲーマーにおすすめです。

  • 頻繁にボイスチャットをする
  • ヘッドセットの装着感が気にならない
  • 有線無線両用で使いたい

特にボイスチャットの使用をメインに考えている人には、PULSE Elite がおすすめです。PULSE Explore も PULSE Elite も搭載されているマイクは同じですが、使いやすさが違うからです。

PULSE Explore と PULSE Elite のマイク位置の違い

PULSE Elite のマイクは格納式になっており、使うときにだけ口元に引き出します。引き出した際、マイクと口の距離が近くなるため、音声を正確に拾えます。

PULSE Explore のマイクは耳元にあるため、マイク位置としてはかなり不利な状況です。マイク感度に関しては PS5 本体の設定を上げれば多少は解消できるものの、上げ過ぎると周囲の雑音を拾ってしまうリスクがあるので、この点を考慮すると、PULSE Elite の方がボイスチャット向けだと言えます。

また、PULSE Elite は有線接続ができるので、使うシーンに応じて接続方法を切り替えたいという人にもおすすめ。コードが煩わしいときは無線で、遅延や音飛び、バッテリーを気にしたくないときは有線で、といったように使い分けができます。

以上をまとめると、「頻繁にボイスチャットをする人」「有線無線 両用で使いたい人」には PULSE Elite がおすすめです。

PULSE Explore もボイチャできるけど、PULSE Elite の方が相手に声を正確に届けられます!

まとめ

PULSE Explore と PULSE Elite の違いをまとめます。

※ 優れている方を 太字 で強調

違いPULSE ExplorePULSE Elite
価格29,980 円(税込)18,980 円(税込)
携帯性◎(コンパクトで軽量)×(大きくてかさ張る)
装着感軽い重い
人によって圧迫感を覚える
音の聞こえ方頭の中で音が鳴っている感覚
繊細な音を聞き取りやすい
耳元で音が鳴ってる感覚
空間の広がりを感じられる
マイクの位置耳元(拾いにくい)口元(拾いやすい)
稼働時間内蔵:最大 5 時間
充電ケース:最大 10 時間
内蔵:最大 30 時間
※有線接続も可能
充電方法イヤホンを充電ケースにセットチャージングハンガーにセット
ヘッドセットをUSBケーブル接続
有線接続不可可(有線は遅延や音飛びがない

PULSE Explore と PULSE Elite は、どちらも PS5 や PS Portal で使えるワイヤレスオーディオです。搭載されているドライバーは同じなので、音質に大きな違いはありません。また、2 機種ともマイクが搭載されているので、ボイスチャットも可能です。

ただし、価格や使い勝手、装着感には大きな違いがあります。特にゲームプレイに大きな影響を与えるのが装着感です。着け心地が気に入らないと長時間のプレイが難しくなります。予算の都合もあると思いますが、装着感や使い勝手を重視して選ぶようにしましょう。


軽い装着感なら PULSE Explore


ボイチャするなら PULSE Elite

-PULSE