Switch

Switch対応のワイヤレスイヤホン、低遅延でおすすめはソニック

管理人 ゲームお化け

2021年9月23日

Switch対応のワイヤレスイヤホン、低遅延でおすすめはソニック

Nintendo Switchは、2021年9月15日に配信のシステムバージョン13.0.0でBluetoothオーディオに対応しました。Switchでもワイヤレスイヤホンが使えるようになりました。

ただ、現状のシステムでは音声の低遅延が目立ち、違和感を覚えるゲーマーも多いのではないでしょうか。

音声遅延に関してはBluetoothトランスミッターを接続することである程度は解消できまが、それでも若干の音ズレが気になります。

そんな悩みを解決するのが「ゲームモード搭載」のワイヤレスイヤホン。

ゲームモード搭載ワイヤレスイヤホンは多数ありますが、今回ご紹介するのはSOUNDPEATS(サウンドピーツ)というメーカーのSonic(ソニック)。

リーズナブルでありながら、Switchでの遅延をほぼ感じさせなくするワイヤレスイヤホンです。

なぜ、Switchは音の遅延が多いのか?

Switchをワイヤレスイヤホンに接続すると、音の遅延が目立ちます。その原因はSwitchの「コーデック」にあります。

「コーデック」とは、音声を圧縮する方式の名前のこと。コーデックにも種類があり、「SBC」や「aptX LL」「aptX」などがあり、これによって遅延の程度が異なります。

Bluetoothオーディオの音質と遅延の目安

システムバージョン13.0.0でSwitchに搭載されたコーデックは「SBC」。このSBCは遅延が多く、音質もよくありません。

ワイヤレスイヤホンにおける「ゲームモード」とは

ワイヤレスイヤホンには、「ゲームモード」や「低遅延モード」と呼ばれる機能が搭載された製品があります。

ゲームモードが搭載されたワイヤレスイヤホンは、音のズレをほぼ感知することができない40ms(0.04秒)〜100ms(0.10秒)の超低遅延を実現します。

低遅延をうたうBluetoothイヤホンは、搭載されている通信チップ(SoC)の働きにより、コーデック遅延(アルゴリズム遅延)と転送遅延を低減しています。それによって、特定ベンダーのSoCに依存しないSBCなどのコーデックでも60ミリ秒前後にまで遅延を減らしているのです。

出典:完全ワイヤレスイヤホンの「ゲームモード」、低遅延を実現できるのはなぜ?

つまり、特殊な転送技術により、端末がSBCなど一般的なコーデックでも低遅延を実現できるのです。

ですので、ゲームモード搭載のワイヤレスイヤホンを使えば、SBCのSwitchでも遅延を感じることなくゲームが楽しめます。

ゲームモード搭載のおすすめワイヤレスイヤホン

ゲームモードが搭載されたワイヤレスイヤホンにもいろいろありますが、今回ご紹介するのはSOUNDPEATS(サウンドピーツ)というメーカーのSonic(ソニック)。

ソニックの外箱

商品名 Sonic
Bluetooth 5.2
コーデック SBC,AAC,aptX adaptive
再生時間 本体:15時間
ケース込:35時間
充電時間 本体:約1.5時間
ケース:約2時間
充電端子 USB Type C
質量 本体(片耳):6g
ケース込:47g
防水 IPX5
ノイズキャンセリング ×
ゲームモード
保証 1年

Switchでもペアリングができ、ゲームモードもきちんと機能しました。

ソニックの外箱

箱は手のひらにおさまるくらい。

開封したソニック

箱を開けるとこんな感じ。

ソニックの同梱品

「イヤホン収納ケース」「タイプC充電ケーブル」「説明書」が入っています。イヤーピースはS/M/Lと3サイズが付属。

ソニックのワイヤレスイヤホンとケース

イヤホンケースを開けてみました。イヤホン本体が1セット収納されています。

ソニックのワイヤレスイヤホン

シルバーとアンバー色で上質なデザイン。

5,000円以下のワイヤレスイヤホンとは思わせない高機能と、洗練されたデザインです。

ソニックのワイヤレスイヤホン

カナル型デザインで、密閉感があり、集中してゲームの音に耳を澄ませそうです。

ACアダプタ

充電には自宅にあるACアダプタを利用します。

充電中のソニック

ちゃんと充電できました。

iPhoneとペアリングしたソニック

試しに、iPhoneとペアリングしてみました。iPhoneでも問題なく音が聞けます。

Switchとペアリングしたソニック

Switchともペアリングしてみました。

関連記事【Switch】ワイヤレスイヤホンの接続方法と、接続できない対処法

Switchとソニック

今回はアクションゲーム「戦国無双5」で音の遅延を確かめてみます。

戦国無双をワイヤレスイヤホンでプレイ

斬る動作と音がズレて聞こえる

通常モード(非ゲームモード)でSwitchとペアリングすると、やはり音の遅延が目立ちます。主人公が刀を振ったときの音の遅延がハッキリわかりました。ワンテンポ遅れて風や敵を斬る音が聞こえてくるので、かなり気持ち悪く感じます。

この音の遅延は、音ゲーなどでは致命的になります。

ゲームモードをONにしたソニック

左イヤホンのボタン3度押しでゲームモードON

なので、ゲームモードをON。切り替え操作は左イヤホンのボタン3度押し。

ゲームモードをONにすると、刀で敵を斬る動作と音がきちんとシンクロしています。正直、遅延しているかどうか判断するのが困難なレベル。

おそらく、遅延ゼロではないと思いますが、人の耳でそれを判断するのはムリだと思います。

アクションゲームも違和感なく楽しめました。

音質に関しては、低音がしっかりしているという印象。低音がもっとも良く聞こえ、次に高音が聞こえます。そのため、音のメリハリがよく聞こえます。1万円クラスのワイヤレスイヤホンと遜色ないレベルです。

音の途切れや音飛びはありません。

1点だけ残念なのは、マイクの音質。

ソニックには通話マイクが搭載されているので、パソコンやスマートフォンとペアリングして通話用としても使えます。

このマイクの質が悪く、自分の声がこもったように相手に届いてしまいます。

ただ、SwitchのBluetoothオーディオはマイク入力には対応していないので、マイクの音質に関して今のところ気にする必要はありません。

まとめ

switchとソニック

Switchとワイヤレスイヤホンをペアリングすると、どうしても音の遅延が目立ちます。

「あつまれどうぶつの森」などのシミュレーションゲームだとそこまで気にならないかもしれませんが、FPSやアクションゲーム、音ゲーなどではかなり気になります。

音の遅延が気になった方は、ぜひゲームモード搭載のワイヤレスイヤホンを選んでください。

私のイチオシはSOUNDPEATSのSonic。Switchでも超低遅延を実現し、音質も良かったです。自信をもっておすすめできるワイヤレスイヤホンです!

【追記】

有機ELモデルとペアリングしたワイヤレスイヤホン

有機ELモデルとペアリングしたワイヤレスイヤホン

Switch有機ELモデルとも問題なくペアリングできました。

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

-Switch