Nintendo Switch の基本的な用語集

Nintendo Switch の基本的な用語集

COUPLE GAME

カップルゲーム」運営者。PS5/Switch所有。ゲーム歴20年。PS5とSwitchの最新情報にアンテナ張って生きてます。

「Nintendo Switch は家族とおすそわけプレイができるし、Nintendo Switch Onlineに加入すればフレンドと遊べるから楽しい!」と言われても、「おすそわけプレイ?フレンド?」といったように「用語がわからない」と困ったことはありませんか?

このページでは、Switch でよく使われる基本的な用語、つまずきがちな語句をまとめています。

Switch を買ったばかりで聞きなれない言葉、知りたい語句に出会ったら、このページでチェックしましょう。

本体・周辺機器編

Nintendo Switch 本体や周辺機器に関する用語です。

従来モデル

2017年3月3日に発売された Nintendo Switch 本体。「従来モデル(通常モデル)」という呼び名は正式ではなく、有機ELモデルの発売により、それと区別するためにメディアが付けた名。

Switch Lite

2019年9月20日に発売された Nintendo Switch 本体。携帯専用のゲーム機で、テレビモード(テレビに出力)・テーブルモードでのプレイは不可。

有機ELモデル

2021年10月8日に発売された Nintendo Switch 本体。有機ELディスプレイを採用したことで、従来モデルより色鮮やかな画面でゲームを楽しめます。

ドック

Nintendo Switch(従来モデル有機ELモデル)本体を充電したり、テレビモードであそぶときに使う機器。Switch Lite は接続できません。

Joy-Con

ジョイコン。Nintendo Switch(従来モデル有機ELモデル)に付属されているコントローラー。2つにわけることができるため、Switch 1台で2人プレイができます。Switch Lite には付属されていませんが、接続して操作することは可能。

Joy-Conストラップ

Joy-Con に取り付けるためのパーツ。Joy-Con だけをそのまま持って使うときに必要です。ストラップを装着しなくても操作はできますが、装着することで持ちやすく、Joy-Con を落とすことがなくなるので安全です。

Joy-Conグリップ

2つの Joy-Con を装着して、1つのコントローラーのようにして使うためのパーツ。Joy-Con の充電はできません。充電ができるのは「Joy-Con 充電グリップ」です。

プロコン

任天堂の公式ワイヤレスコントローラー。Joy-Con よりも大きめでグリップ感があり、持ちやすいのが特徴。

有線LAN端子

インターネットに有線LANで接続するための端子。有機ELモデルは、ドックに標準装備されています。

本体保存メモリー

Nintendo Switch 本体のデータを保存できる容量。セーブデータやソフト関連データ、画面写真・動画などは本体保存メモリーに保存されます。microSDカードで拡張することができます。

microSDカード

機器本体から取り外すことのできる記憶媒体。本体保存メモリーでは容量が足りなくなったときに購入し、保存できるデータを増やします。

amiibo

アミーボ。ゲーム連動フィギュアで、Nintendo Switch などのゲーム機にタッチして連動させると、キャラクターとしてゲーム内に登場したり、特別なアイテムがもらえるなどの特典があります。

フィギュアだけでなく、あみぐるみ、カード型のものもあります。

機能編

Nintendo Switch 本体の機能に関する用語です。

テレビモード

Nintendo Switch ドックをテレビにつなぎ、本体をセットし、テレビの大画面でゲームを楽しむ遊び方。Switch Lite は対応していません。

テーブルモード

本体の背面スタンドを立てて、コントローラー(Joy-Con など)を本体に接続し、Switchの画面でゲームを楽しむ遊び方。テレビのない環境でも遊べます。

携帯モード

本体を持って遊ぶ方法。携帯特化の Switch Lite は、はじめからこの遊び方になっています。従来モデル有機ELモデルは、Joy-Con を本体にセットし、本体をもって携帯ゲーム機のように遊びます。

おすそわけ / おすそわけプレイ

Joy-Con を2つにわけて、1つは自分、もう1つは一緒にあそぶ相手にわたすことを「おすそわけ」と言います。また、オフライン環境で、2人以上で遊ぶことを「おすそわけプレイ」と呼びます。

みまもり設定

保護者による使用制限のこと。子どものプレイできる時間を設定したり、「うちの子にはまだ早い」と思われるような機能を制限したりができます。

スリープ

完全に Nintendo Switch 本体の電源を落とすことなく、消費電力をおさえながらゲームを中断することができる機能。

機内モード

インターネット通信や無線コントローラーとの通信など、すべての無線通信を切断する機能。

HD振動

コントローラーの振動機能の一種。Joy-Con などのコントローラーに、非常に細かな振動を発生させる装置が入ってます。

ジャイロセンサー

Joy-Con に搭載されている、自分の手の動きをゲームの中に伝えるセンサー。コントローラーの傾きを察知し、その傾きをゲーム内に伝えます。

加速度センサー

Joy-Con に搭載されている、自分の手の動きをゲームの中に伝えるセンサー。コントローラーがどんな方向に、どれくらい動いたのか?ということをゲーム内に伝えます。

モーションIRカメラ

Joy-Con に搭載されている、カメラが捉えた「動き」をゲームの中に伝えることができるセンサー。右の Joy-Con の底にだけ付いている黒いパーツがモーション IR カメラです。

Bluetoothオーディオ

ワイヤレスイヤホン・ワイヤレスヘッドフォンを Nintendo Switch 本体に接続する機能。なお、マイクの出力には対応していません(Bluetooth オーディオを使ってのボイスチャットは不可)。

通信・アカウント編

Nintendo Switch の通信プレイやオンラインサービス、アカウントに関する用語です。

ローカル通信

近くにいる人と通信して遊ぶ方法。Nintendo Switch 本体を持ち寄って、対戦・協力プレイが楽しめます。Nintendo Switch Online への加入は不要。無料で通信できます。従来モデル有機ELモデルSwitch Liteのすべての機器間で通信ができ、最大8台まで接続できます。

インターネット通信

遠くにいる人と通信して遊ぶ方法(=オンラインプレイ)。インターネットへの接続と、Nintendo Switch Online (有料)への加入が必須。

Nintendo Switch Online

Nintendo Switch のサブスクリプションサービス(定額制サービス)。加入することで、Nintendo Switch ソフトのオンラインプレイや、セーブデータお預かりなどの機能を利用できるようになります。

Nintendo Switch Online 追加パック

Nintendo Switch Online の拡張サービス。基本サービスに加えて、「NINTENDO 64 Nintendo Switch Online」や、有料追加コンテンツ「マリオカート8 デラックス コース追加パス」などが遊べるようになります。加入には、基本料金に加えて、追加料金が必要となります。

ユーザー 

Nintendo Switch の HOME メニュー左上に表示されているキャラクター。本体を複数人で共有して使うときは、1人ひとつユーザーを作成します。ゲームのセーブデータは、ユーザーごとに管理されます。

ニンテンドーアカウント

任天堂が提供する各種サービス(オンラインプレイやニンテンドーeショップなど)を利用するときに必要となるアカウント。ユーザーと紐づけて使います。インターネット通信するなら必須。

マイニンテンドー

任天堂が提供している無料の会員制サービス。「ポイントプログラム」を利用できるようになり、ソフトをダウンロード購入したりするとポイントがたまり、たまったポイントは、次回のダウンロード購入などに使用できます。

利用にはニンテンドーアカウントが必要。

マイニンテンドーストア

会員サービス「My Nintendo(マイニンテンドー)」のサービスのひとつで、ニンテンドーアカウントを持ってる人が利用できるオンラインストア。

ダウンロード版ソフトの販売のみの「ニンテンドーeショップ」とは違い、パッケージ版ソフト、Nintendo Switch 本体や周辺機器など、幅広い商品が買えます。

ニンテンドーeショップ

ソフトのダウンロード購入や、体験版のダウンロード、ゲームソフトの TV CM や紹介映像などが楽しめる任天堂のオンラインストア。パッケージ版ソフト、Nintendo Switch 本体や周辺機器などの商品は「マイニンテンドーストア」で取り扱いがあります。

フレンド

Nintendo Switch では ユーザー 同士でフレンドになることができます。フレンドになると、インターネットを通じてお互いのオンライン状態を確認したり、フレンド同士で遊べるゲームを楽しんだりできます。

フレンドコード

フレンド申請を送るために必要な番号。ニンテンドーアカウントと連携したユーザー1人ひとりに発行されています。相手に番号を教えてもらったあと、「フレンドコードでさがす」で入力すると、その相手にフレンド申請を送れます。番号はあとから変更が可能です。

フレンド申請

インターネット通信で一緒に遊んだことのあるユーザー や、フレンドコードを教えてもらった相手に、「あなたとフレンドになりたいです」と申し込みを行うこと。

ブロック

インターネット通信で一緒に遊んだことのあるユーザー や、特定のフレンドを拒絶する機能。フレンドであれば、ブロックすることでフレンドを解除されます。相手からフレンド申請が届いても通知されません。

また、同じゲームのオンラインプレイでマッチングすることもなくなります(一部ゲームを除く)。

\どれでシェアする?/

シェアしていただくと励みになります!

-Switch