PS5本体の黒い部分をキズから守る保護フィルムを貼ってみた

PS5本体の黒い部分をキズから守る保護フィルムを貼ってみた

COUPLE GAME

開設7年のブログ「カップルゲーム」運営者。PS5/Switch全モデル所有。ゲーム歴20年。遊んだゲーム数1,000以上。詳しいプロフィール

PS5本体の中央、黒い部分は鏡面仕上げでキズがつきやすく、しかも目立ちやすいです。キズがつくとショックですし、売る時の査定額もガクッと落ちます。

筆者は PS5 を発売当日から使用しており、キズや汚れが気になったため「保護フィルム」を貼ってみました。この記事では、保護フィルムの必要性やおすすめ、実際に保護フィルムを貼った感想をご紹介しています。

PS5を買ったばかりの人や、キズが気になる方はぜひご参考に。

保護フィルムは必要?

PS5の中央黒い部分

PS5はキズがつきやすい素材であるため、保護フィルムは必須です。

PS5本体のUSB端子まわりの傷

PS5本体の中央、黒い部分はピアノブラックのような鏡面仕上げになっています。鏡面仕上げは、光沢や艶によって高級感がある反面、キズが付きやすく、目立ちやすくなっています。指紋やホコリ汚れも付きやすく、それをティッシュで拭こうとすればすぐに擦り傷もできます。

PS5の黒い部分は繊細な材質でできてます。

PS5本体の電源ボタンまわりの傷

筆者は、「キズが付かないように」とかなり慎重に使用していたつもりです。それでも、使用期間が長ければキズは付いてしまうものです。特に、PS5前面のUSB端子や電源ボタンまわりは、触れる機会も多いためキズが付きやすいです。

PS5本体の上部のホコリと傷

指紋やホコリ汚れであればすぐに拭き取れますが、キズは一度 ついてしまったら取れません。キズがついてしまったら、見た目が悪くなるだけでなく、売る時の査定額に響く可能性があります。PS5本体を購入したら、なるべく早く保護フィルムを貼ってキズが付かないようにしましょう。

おすすめの保護フィルム

アンサーの「PS5用 本体保護フィルム」

アンサーの「PS5用 本体保護フィルム」

公式サイト

商品名PS5用 本体保護フィルム
型番ANS-PSV016
対応機種PlayStation5
(通常版/デジタルエディション)
発売日2021年4月23日
販売元アンサー株式会社

PS5本体の黒い部分をキズから守るなら、アンサーの「PS5用 本体保護フィルム」がおすすめ。フィルム素材は「ハードコート層」「PET基材層」「シリコン糊層」の3つの層で形成されているため、傷つきやすい本体をしっかり保護。

フィルムは透過率91%、光沢仕上げなので、PS5の光沢感を損ないません。また、気泡軽減フィルムを採用しているので、保護フィルムを貼ったときに気泡が入ってしまっても、時間により消えていきます。

通常版とデジタル・エディション版のどちらにも対応しています(デジタル・エディション版はディスク取り出しボタンがない分 空白が大きくなります)。

保護フィルムの貼り方

実際に、アンサーの「PS5用 本体保護フィルム」を貼ってみました。

PS5をクロスで拭く

保護フィルムを貼る前に、PS5本体の中央、黒い部分のホコリや汚れを拭き取ります。クロスが付属されているので、それを使うか、拭き取りにより傷がつくのが気になるなら、マスキングテープなどでホコリを取り除きます。新品の方は、拭き取らなくて良いです。

アンサーの「PS5用 本体保護フィルム」

保護フィルムは3枚に分かれています。1~3の順に、1枚ずつ貼っていきます。

PS5に保護フィルムを貼る

まずは1番の保護フィルムから貼っていきます。位置を確認して、固定シートを貼り、貼り位置を固定させます。

PS5に保護フィルムを貼る

PS5に保護フィルムを貼る

PS5に保護フィルムを貼る

PS5に保護フィルムを貼る

フィルムに記載の順番通りにシートを剥がしていきます。

PS5に保護フィルムを貼る

同じように、2番の保護フィルムを貼っていきます。

PS5に保護フィルムを貼る

重ならず、でもすき間を空けずに貼るのはかなり大変ですが、貼り直しは可能。

PS5に保護フィルムを貼る

PS5に保護フィルムを貼る

さいごに、3番の保護フィルムを貼っていきます。

PS5前面に貼った保護フィルム

3枚とも貼れました。貼る前よりも、貼ったあとの方が光沢感がありキレイに見えますね。

保護フィルムを貼った感想

PS5上部に貼った保護フィルム

慎重に貼ったつもりでしたが、小さな気泡がたくさん入りました。

PS5前面に貼った保護フィルム

でも、気泡は数時間後にほぼ消えました。

PS5前面に貼った保護フィルム

貼ってからは、キズや汚れが気になることがなくなり、精神的ストレスから解放されました。以前は、ホコリがついても拭き取りによる摩擦でキズがついてしまうため掃除ができませんでした。保護フィルムを貼ってからは、ティッシュで拭いても本体は汚れないので清潔をキープできています。

PS5前面に貼った保護フィルム

保護フィルムは必需品ではありませんが、貼っておくと安心感があります。筆者はキズがついてから慌てて買ったので、「もっと早く貼っておくべきだった」と後悔しています。キズをつけてしまうと取り返しがつかないので、早めに貼っておきましょう。

貼る作業は大変で時間がかかりましたが、キズつく心配がなくなり、安心して使用できるようになりました。

まとめ

PS5本体の黒い部分は、軽くホコリを拭いただけでもキズが付くくらい繊細な材質でできています。保護フィルムを貼らなければ、数年もすればキズだらけになります。

キズが付くと見た目が悪くなるだけでなく、売る時の査定額もガクッと落ちます。汚れなら落とせますが、キズは一度 ついてしまうと取れません。

PS5本体を買ったら、なるべく早くアンサーの「PS5用 本体保護フィルム」を貼って、キズから守ってあげましょう。

-PS5