Switchオフライン2人プレイ対応ガンシューティングゲーム10選

Switchオフライン2人プレイ対応ガンシューティングゲーム

COUPLE GAME

開設7年のブログ「カップルゲーム」運営者。PS5/Switch全モデル所有。ゲーム歴20年。遊んだゲーム数1,000以上。詳しいプロフィール

銃で敵を倒す爽快感が売りのガンシューティングゲーム。ただ、ガンシューティングゲームといっても「FPS」と「TPS」があり、それぞれゲーム体験が大きく異なります。

FPSは主人公と同じ視点で操作するため没入感が高いですが、ゲーム酔い(画面酔い)しやすいため苦手な方も多いでしょう。そこでこの記事では、「FPS」と「TPS」にわけて、Switchでオフライン2人プレイできるおすすめのガンシューティングゲームを10作品ご紹介します。

あわせて読みたい
Switch「おすそわけプレイ(2人プレイ)」のやり方【初心者向け】
Switch「おすそわけプレイ(2人プレイ)」のやり方【初心者向け】

今すぐ読む

FPS系ガンシューティングゲーム

SwitchのFPS系ガンシューティングゲームで画面分割の2人プレイをする様子

FPSとは、「ファーストパーソン・シューティング」の略。一人称視点のシューティングゲームを指します。FPSは、自分が操作しているキャラクターの視点でプレイするのが特徴で、主人公の腕と武器しか映りません。没入感が高い反面、ゲーム酔い(画面酔い)しやすいことが特徴です。

Switchでオフライン2人プレイできるおすすめのFPSゲームは以下の通り。

  1. RICO
  2. RICO: London
  3. ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク
  4. Screencheat: Unplugged
  5. ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション

もし、「画面酔いしやすい」ということでしたら、「TPS系ガンシューティングゲーム」をチェックしてください。

1. RICO

My Nintendo Store

タイトルRICO
ジャンルFPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2019年3月14日
CEROD(17才以上対象)

バディ・コップ・シューター。プレイヤーはふたりの刑事になり、敵のアジトに潜入、制圧します。分かりやすいストーリー設定とテンポの良さがグッド。ただ、グラフィックが簡素で、基本的には「扉を開ける→スロー状態で敵を倒す」のくり返し作業になりがちなのが好みの分かれるところ。

2. RICO: London

My Nintendo Store

タイトルRICO: London
ジャンルFPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2022年1月27日
CEROD(17才以上対象)

2019年にリリースされたバディ・コップ・シューター「RICO」の続編。本作でも、2人の刑事となって犯罪組織のアジトを急襲し、制圧していきます。基本的なシステムは前作と同様、ドアを蹴破って突入し、スローモーションで敵を次々に倒す、といったもの。

大きな変わり映えはありませんが、銃撃戦は爽快で、深いことを考えずに2人でドンパチを楽しむには最適。

3. ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク

My Nintendo Store

タイトルザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク
ジャンルFPS
画面分割分割なし(画面共有)
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2022年4月7日
CEROD(17才以上対象)

セガのアーケードゲームとして人気のあったホラーガンシューティング「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」のリメイク版。ゲームセンターで遊んでいたあの名作が、自宅でも遊べるようになりました。

ゲームセンターでは、銃を構えながらのシューティングでしたが、Switch版ではJoy-Conに備わったジャイロセンサーで銃の照準をあわせます(スティック操作も可能)。コントローラーの傾きによる直感的な操作が可能なため、まるでゲームセンターでプレイしているかのよう。

ストーリーはアーケード版と同じで、予め用意されたルートを自動的に進んでいくといったゲーム性もそのまま。グラフィックは大きく向上しているため、画面が見やすくなっています。

4. Screencheat: Unplugged

My Nintendo Store

タイトルScreencheat: Unplugged
ジャンルFPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜4人(オフライン)
プレイスタイル対戦プレイ
発売日2019年2月7日
CEROB(12才以上対象)

画面分割によるオフライン対戦ガンシューティングゲーム。

通常、この手のガンシューティングゲームをオフライン画面分割であそぶと、相手の画面をのぞき見ができるため、お互いの居場所がバレて勝負になりません。たとえば、昔の「ゴールデンアイ 007」は、少し目を脇にやるだけで、お互いの状況がつぶさに分かりましたよね。

このゲームも対戦相手の画面を見ることはできますが、相手が透明になっているため、むしろ相手の画面をのぞき見しながら戦わないと、正確な位置が分かりません。

オフライン画面分割によるデメリットを逆手に取った、ユニークなガンシューティングゲームです。

5. ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション

公式サイト

タイトルボーダーランズ レジェンダリー・コレクション
ジャンルFPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2020年5月29日
CEROZ(18才以上対象)

ボーダーランズとシリーズは、敵を倒してレベルを上げたり、装備を増やしたりする「RPG」要素に、「FPS」を融合させて新しいジャンルを確立したRPGシューター。

本作には、「ボーダーランズ ゲーム・オブ・ザ・イヤー エディション」「ボーダーランズ2」「ボーダーランズ プリシークエル」の3作品がすべて収録されています。3作品すべて分割画面での2人協力プレイが可能。

TPS系ガンシューティングゲーム

SwitchのTPS系ガンシューティングゲームで画面分割の2人プレイをする様子

TPSとは、「サードパーソン・シューティング」の略。三人称視点のシューティングゲームを指します。TPSは、自分が操作しているキャラクターの後方あたりからの視点でプレイするのが特徴で、主人公の全身もしくは上半身が映ります。自分の姿を見ながらプレイできるため、周りの状況を把握しながらプレイできます。

Switchでオフライン2人プレイできるおすすめのTPSゲームは以下の通り。

  1. リサーチアンドデストロイ
  2. バイオハザード5
  3. バイオハザード6
  4. バイオハザード リベレーションズ2
  5. アンデッド バトルロイヤル

一人称視点も得意でしたら、「FPS系ガンシューティングゲーム」をチェックしてください。

6. リサーチアンドデストロイ

公式サイト

タイトルリサーチアンドデストロイ
ジャンルTPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2022年4月26日
CEROC(15才以上対象)

「ターン制シミュレーション」と「TPS」を融合させたバトルシステムが画期的なゲーム。プレイヤーは、3人の優秀な科学者となって、地球を支配するモンスターの群れをユニークな武器で一掃します。

戦闘はターン制。「科学者」と「モンスター」が交互に行動します。自分のターンが回ってきたら、制限時間内に移動・攻撃を行います(エイムしている時間もカウントに入ります)。

一般的なガンシューティングゲームを2人プレイしようと思ったら、会話する間もなく敵との銃撃戦が始まったりしますが、このゲームはターン制なので、「次のターンはどう動こうか?」とじっくり話し合いながらのプレイができるのが楽しいところ。

7. バイオハザード5

公式サイト

タイトルBIOHAZARD 5
ジャンルTPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2019年10月31日
CEROD(17才以上対象)

バイオテロの恐怖に晒されているアフリカを舞台に、主人公「クリス」が、現地で合流した新しい相棒「シェバ」と共に、新たな脅威に挑むガンシューティングゲーム。

2人プレイでは、1人は主人公のクリスを、もう1人はシェバを操作。プレイヤー間での武器交換が可能なため、相手にどんな武器やアイテムを持たせ、どういった連係プレイをするかが攻略のカギ。

なお、本編はもちろん、マーセリナーズ(制限時間内にたくさんゾンビを倒すミニゲーム)どちらも協力プレイが遊べます。

8. バイオハザード6

公式サイト

タイトルBIOHAZARD 6
ジャンルTPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2019年10月31日
CEROD(17才以上対象)

バイオハザード5の続編。

本作はレオン編、クリス編、シェリー編、エイダ編の4つの異なるストーリーで構成されており、それぞれでステージの雰囲気、出現する敵の傾向、使用できる武器がまったく異なるため、ストーリーごとに新しいプレイ感覚が味わえます。

2人プレイは、すべてのストーリーで可能。マーセリナーズ(制限時間内にたくさんゾンビを倒すミニゲーム)でも協力プレイができます。

9. バイオハザード リベレーションズ2

公式サイト

タイトルバイオハザード リベレーションズ2
ジャンルTPS
画面分割上下分割
プレイ人数1〜2人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ
発売日2017年11月30日
CEROD(17才以上対象)

「バイオハザード リベレーションズ」の続編(続編とは言え、ストーリー的なつながりはないため、前作未プレイでも問題ありません)。

本作は、クレア編とバリー編、それぞれの視点でストーリーが展開。どちらのストーリーも2人プレイができます。2人プレイでは、片方が銃を使って戦うタイプなのに対して、もう片方は探索タイプとなっています。そのため、ある程度 役割分担を決めてから操作する必要があります。

レイドモード(制限時間内にたくさんゾンビを倒すミニゲーム)では、どちらも銃を持って本格的なガンアクションが楽しめます。

10. アンデッド バトルロイヤル

My Nintendo Store

タイトルUndead Battle Royale
ジャンルTPS
画面分割左右分割
プレイ人数1〜4人(オフライン)
プレイスタイル協力プレイ / 対戦プレイ
発売日2021年5月20日
CEROB(12才以上対象)

コミカルな雰囲気のゾンビ系ガンシューティングゲーム(ストーリーはありません)。

舞台はゾンビが徘徊する街。プレイヤーは1ステージあたり約5分という制限時間内に、相手より多くのゾンビを倒し、スコアを獲得していきます。最終的により多くのスコアを獲得したプレイヤーが勝者となります。

まとめ

オフライン2人プレイできるおすすめガンシューティングゲームを、「FPS」と「TPS」に分けて計10作品ご紹介しました。もう一度、まとめてご紹介します。

  1. RICO
  2. RICO: London
  3. ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク
  4. Screencheat: Unplugged
  5. ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション
  6. リサーチアンドデストロイ
  7. バイオハザード5
  8. バイオハザード6
  9. バイオハザード リベレーションズ2
  10. アンデッド バトルロイヤル

爽快感のあるガンシューティングは、気の合う2人であそべば楽しさ倍増。気になるゲームソフトがあったら、ぜひ2人でプレイしてみてください。

次に読みたい
Switchおすそわけプレイ(協力プレイ)対応おすすめソフトまとめ
Switchおすそわけプレイ対応おすすめソフト20選

今すぐ読む

-Switch
-