本記事は広告を含みます

「Unrailed!(アンレールド)」2人プレイのやり方とレビュー

「Unrailed!(アンレールド)」2人プレイのやり方とレビュー

この記事では、「Unrailed!(アンレールド)」をオフライン 2 人で遊ぶ方法と、遊んでみてのレビューを紹介しています。

あわせて読みたい
Switch有機ELモデルとコントローラー4つ
Switchで4人同時におすそわけプレイできるおすすめソフト20選

今すぐ読む 

「Unrailed!」とは

タイトルUnrailed!
ジャンルアクション
プレイ人数1〜4人(オフライン)
発売日2020年9月23日
レーティングCERO A(全年齢対象)

ゆっくりと進み続ける列車の進行方向にレールを敷き、ゴール地点まで導くゲーム。

木を切ったり、鉄を掘ったりして素材を集め、集めた素材を列車に運ぶとレールの完成。列車が脱線しないように、つくったレールを敷いていき、ゴール地点である次の駅まで導きます。

Switch版では、Joy-Conを2つにわける「おすそわけプレイ」に対応しています。

2人プレイのやり方

アンレールドのメインメニュー

1. メインメニューで「コントローラーの登録」の上に立ち、決定ボタンを押します。

アンレールドのコントローラー登録画面

2. コントローラーを登録。

アンレールドのメインメニュー

3. 「L / R ボタン」を押して参加。

アンレールドのメインメニュー

4. [ゲーム開始]>[ローカル]を選択。

アンレールドのメインメニュー

5. [ゲーム開始]の上にプレイヤー全員が集まります。一定時間が過ぎると、2人プレイがはじまります。

2人プレイのレビュー

Unrailed!のおすそわけプレイのスクリーンショット

「レールを敷いて列車を目的地まで導く」というとてもシンプルなルールですが、途中で列車がオーバーヒートしないように定期的に水をかけてあげたり、川の上に橋をつくって道を開拓しなければならないので、意外とやることが多くてドタバタします。

さらに、素材をその辺に捨てていく盗賊が登場したり、夜になって視界が悪くなったりと、いろんなイベントが発生するので一筋縄ではいきません。

クリアするにはプレイヤー同士の連携が何よりも重要なので、「素材あつめをお願い」「レールは私がやる」「列車に水をかけて」「川に橋をつくって」というように、声を掛け合いながら効率よく進めていきます。

後半のステージになると、道が狭くなったり、集められる素材が少なくなったりと難易度が上がります。その分、2人で相談して上手く切り抜けられたときの達成感は大きいです。「オーバークック」「ムービングアウト」などのドタバタ系パーティーゲームが好きな人なら間違いなく楽しめます。


読んでいただき ありがとうございます!次に読みたい


-PS4, Switch
-