本記事は広告を含みます

iPhone アプリ版「アサシンクリード ミラージュ」をテレビ画面でプレイする方法

iPhone アプリ版「アサシンクリード ミラージュ」をテレビ画面でプレイする方法

https://couple-game.net

2024年6月6日、「アサシンクリード ミラージュ」の iOS 版が配信されました。筆者は iPhone 15 Pro を持っていたため、試しにインストールしてみました。

プレイしていて気になったのが、「画面の小ささ」と「タッチ操作」です。画面が小さくて見にくいことに加え、タッチ操作の反応が悪く、ストレスを感じることがあります。

そこで、iPhone の画面をテレビに映し、コントローラー操作でコンソール版と同じように快適に遊べるようにしてみました。この記事で、その手順を詳しくご紹介します。

あわせて読みたい
iPhone ゲームをテレビ画面に映して家庭用ゲーム機と同じように遊ぶ方法
iPhone ゲームをテレビ画面に映して家庭用ゲーム機と同じように遊ぶ方法

今すぐ読む 

iPhone版「アサシンクリード ミラージュ」とは

タイトルアサシン クリード ミラージュ
対応端末iPhone:iOS 17.4 以降および A17 Pro チップ以降を搭載したデバイス
iPad:iPad OS 17.4 以降および M1 チップ以降を搭載したデバイス
ゲームコントローラー対応
サイズ(容量)10.51 GB
価格7,000円(最大 90 分 無料)
対象年齢17歳以上

ユービーアイソフトの「アサシン クリード ミラージュ」の iOS 版。本作は2023年10月5日に PS5 や Xbox などのコンソール版で発売されていますが、2024年6月6日に iPhone 15 Pro 以降の対応機種および M1 チップ以降のプロセッサを搭載した iPad  でもプレイ可能になりました。

製品版の価格は 7,000 円。最大 90 分間の無料プレイが可能。

iPhoneの画面をテレビに映すために必要な物

iPhone の画面をテレビに映してコントローラー操作で「アサシン クリード ミラージュ」をプレイするために必要な物は次の 3 点。

  • iPhone 15 Pro 以降の対応モデル
  • テレビ接続に必要なケーブル
  • ゲームコントローラー

iPhone 15 Pro 以降の対応機種

iPhone 15 Pro

iPhone アプリ版「アサシン クリード ミラージュ」に対応しているモデルは

  • iPhone 15 Pro
  • iPhone 15 Pro Max

だけです(2024年6月時点)。

iPhone 15(ノーマルモデル)や iPhone14 以降のモデルでは「アサシン クリード ミラージュ」をプレイできません。最新の対応端末に関しては 公式サイト でご確認ください。

USB-C - HDMI ケーブル

テレビに映したiPhone アプリ版「アサシンクリード ミラージュ」

iPhone に映っている画面は、「ケーブル接続(有線接続)」か「AirPlay(無線接続)」でテレビに転送できます。

スマートテレビとiPhoneをミラーリングする様子

自宅のテレビが「AirPlay」に対応しているのであれば、iPhone の画面を直接 テレビに転送できます。この場合、ケーブルは不要となります。

USB-C - HDMI ケーブル

USB-C - HDMI ケーブルの端子部分

テレビが「AirPlay」に対応していない場合は、「USB-C - HDMI ケーブル」を使用します。持っていない方は用意しましょう。

なお、この記事では「AirPlay」を使って iPhone の画面をテレビに転送していきます。

ゲームコントローラー

テレビに映したiPhone版「アサシンクリード ミラージュ」とDualSense

iPhone アプリ版「アサシン クリード ミラージュ」をテレビ画面でプレイする際、コントローラーが必要になります。

コントローラーは、iPhone と Bluetooth で接続して使います。対応コントローラーは Nintendo Switch の「Joy-Con」や PlayStation5 の「DualSense」などです。接続方法は後ほどご紹介します。

iPhone版アサシンクリードをテレビで遊ぶ手順

iPhone の画面をテレビに映し、コントローラー操作でコンソール版と同じように快適に遊べるようにする流れは次の通り。

  1. アプリをインストールしよう
  2. 画面をテレビに映そう
  3. コントローラーを接続しよう
  4. ゲームをはじめよう
  5. 画質を変えよう

1. アプリをインストールしよう

iPhoneに「アサシンクリード ミラージュ」をインストールする画面

まずは、iPhone に「アサシン クリード ミラージュ」のアプリをインストールしましょう。

製品版は 7,000 円となっていますが、インストールから最大 90 分間のプレイまでは無料です。それ以降をプレイしたい場合、製品版の購入が必要となります。

スポンサーリンク

2. 画面をテレビに映そう

iPhone の画面は、「ケーブル接続(有線接続)」か「AirPlay(無線接続)」でテレビに転送できます。

USB-C - HDMI ケーブル

「ケーブル接続(有線接続)」する場合は、「USB-C - HDMI ケーブル」を使用します。USB-C 側を iPhone に、HDMI 側をテレビに挿して接続しましょう。

接続後、入力切替をすると iPhone の画面がテレビに映ります。

スマートテレビとiPhoneをミラーリングする様子

「AirPlay(無線接続)」の場合は、テレビの電源をつけた状態で、iPhone のコントローラーセンターの[画面ミラーリング]をタップ。テレビのデバイス名をタップすれば、テレビに iPhone の画面が映し出されます。

3. コントローラーを接続しよう

iPhone とコントローラーを Bluetooth で接続します。

iPhoneのペアリング設定画面

先に、iPhone をペアリング待機状態にします。iPhone を[設定]>[Bluetooth]の順に操作し、Bluetooth を ON にします。

DualSense の「PS ボタン」と「クリエイトボタン」を押す様子

次に、コントローラーをペアリング待機状態にします。

DualSense の場合、「PS ボタン」と「クリエイトボタン」を、ライトバーが点滅するまで同時に長押しするとペアリング待機状態になります。

Joy-Con のシンクロボタンを押す様子

Joy-Con の場合、レール部分 中央にある「シンクロボタン(黒い丸の小さなボタン)」を長押しするとペアリング待機状態になります。左右のコントローラーを片方ずつペアリングしましょう。

iPhoneのペアリング設定画面

iPhone の Bluetooth 設定画面を見ると、コントローラー名が表示されています。これをタップすると Bluetooth 接続が完了です。

※「アサシン クリード ミラージュ」側の設定を変えるまで、コントローラーでの操作はできません。

4. ゲームをはじめよう

「アサシンクリード ミラージュ」のタイトル画面

iPhone で「アサシン クリード ミラージュ」を起動し、アカウントにサインインします(タップ操作)。

「アサシンクリード ミラージュ」のタイトルメニュー画面

タイトルメニューが表示されるまで進め、「オプション」を選択。

「アサシンクリード ミラージュ」のオプション画面

「操作方法」のタブで「入力モード」をタップ。

「アサシンクリード ミラージュ」のオプション画面

「タッチスクリーン」を「コントローラー」に変更。四角ボタンを押して「適用」を実行すると、コントローラー操作ができるようになります。

5. 画質を変えよう

「アサシンクリード ミラージュ」のオプション画面

ついでに、画質も変更しましょう。

タイトルメニューの[オプション]>[グラフィック]>[グラフィック品質]で変更できます。デフォルトでは「中」になっています。画質を上げると iPhone に高負荷がかかり、処理落ちする可能性があるので、様子を見ながら設定を変更してみてください。

iPhone版「アサシンクリード ミラージュ」の露出調整前

露出「0」

iPhone版「アサシンクリード ミラージュ」の露出調整後

露出「1.0」

テレビの画面が暗いと感じたら、「露出」を上げてみてください。

「アサシンクリード ミラージュ」のオプション画面

[オプション]>[スクリーン]>[画面調整]>[露出]で変更できます。

数値が高いほど、画面が明るくなります。上げ過ぎると白飛びして見えにくくなるので、適宜 調整しましょう。おすすめは「1.0」です。

スポンサーリンク

iPhone版アサシンクリードをテレビで遊んだ感想

テレビに映したiPhone アプリ版「アサシンクリード ミラージュ」

iPhone の小さい画面でプレイするとそれほど気になりませんが、テレビの大画面に映すと、画質の粗さが目立ちます。

そこで[グラフィック品質]を最高値の「高」にしてプレイしたところ、30分ほどで強制終了しました。このとき iPhoneを触ってみたところ、表面がかなり熱くなっていました。かなりの負荷が掛かっていたと思われます。

[グラフィック品質]を上げると強制終了するリスクがあり、下げ過ぎると粗さが目立つので、テレビで快適にプレイするのはまだまだ課題があると感じました。

スポンサーリンク


読んでいただき ありがとうございます!次に読みたい


この記事を書いた人

COUPLE GAME

1988年 埼玉県生まれ。5 歳のとき「ファミコン」でゲームデビュー。それから 30 年以上、平日も休日もゲームに没頭。現在はゲーム専門ライターとして、2016年 開設の当ブログ「COUPLE GAME」を運営。YouTube チャンネル も随時更新。

詳しいプロフィール >

記事を探す

-iPhone