本記事は広告を含みます

DualSense Edge 買ったらやっておきたい おすすめ設定

DualSense Edge 買ったらやっておきたい おすすめ設定

DualSense Edge は、R2ボタンとL2ボタンのトリガーの深さをスイッチで調整したり、スティックキャップを取り替えたりと、物理面でのカスタマイズができるほか、ソフトウエア上でスティックやトリガーの感度を微調整したり、背面ボタンの割り当てを設定することができます。

設定では多彩な項目があり、その正解もないため、カスタマイズの深みにはまる人も少なくありません。

そこでこの記事では、カスタマイズに時間をかけすぎないための、とりあえずやっておきたいおすすめの設定についてご紹介します。

「DualSense Edge買ったけど、何すればいいか分からない」と困っている方は、ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい
DualSense Edge と DualSense の違い
DualSense Edge と DualSense の9つの違い

今すぐ読む 

ツアーで全貌を把握する

DualSense Edge の機能の説明画面

DualSense Edge の機能の説明画面

DualSense Edge の機能の説明画面

DualSense Edge の機能の説明画面

DualSense Edge をはじめて PlayStation5 に接続すると、DualSense Edge の主な機能を分かりやすく紹介するガイドツアーが開始されます。まずは、このガイドツアーで DualSense Edge の全貌を把握しましょう。

DualSense Edgeの携帯用ケースの2次元バーコード

なお、DualSense Edge に付属されている携帯用ケース内側にある二次元バーコードを読み取ると、WEBマニュアルが見れるようになっています。設定でわからなくなったら、スマホで二次元バーコードを読み取り、WEBマニュアルをチェックするのも良いでしょう。

カスタムプロファイルを作成する

DualSense Edgeのカスタムプロファイルの作成画面

背面ボタンの割り当てや、スティックやトリガーの感度を調整するには、カスタムプロファイルを作成する必要があります。

カスタムプロファイルの作成場所

PS5の設定画面

PS5のカスタムプロファイルの設定画面

カスタムプロファイルは、[設定]>[周辺機器]>[DualSense Edge ワイヤレスコントローラー]>[カスタムプロファイル]の順に移動すると作成できます。

DualSense Edgeのカスタムプロファイルの作成画面

この画面で、「カスタムプロファイルを作成」を選択します。

プロファイル名を決める

DualSense Edgeのプロファイル名の入力画面

はじめにプロファイル名を入力します。

PS5のカスタムプロファイルの表示例

作成したプロファイル名は、ファンクションボタンで各プロファイルを呼び出すときに表示されます。分かりやすい名前にしましょう。

「カスタマイズ1」「カスタマイズ2」と機械的に名前を付けるのも悪くありませんが、それだと「このプロファイルは何だっけ?」と分からなくなってしまい、使いづらくなりましす。

PS5のカスタムプロファイル名の例

プロファイル名は分かりやすいものにしよう

たとえば、スティックの感度を重点的にカスタマイズしていくのであれば、「クイック」「高精度」といった名前にすると分かりやすいかと思います。

背面ボタンの割り当てに重点をおくなら、背面ボタンに割り当てたボタンの種類が分かるようにすると良いでしょう。たとえば、「方向キー 上下」「R2 L2ボタン」といった割り当てと連動したプロファイル名にしておくと、識別がしやすいです。

ボタン割り当てを変更

DualSense Edgeのボタン割り当てを変更画面

背面ボタンを含めた DualSense Edge のすべてのボタンの割り当ては、この画面で設定していきます。

DualSense Edgeのボタン割り当ての変更画面

たとえば、「○ボタン」と「×ボタン」を入れ替える、といったこともできます。

DualSense Edgeの背面ボタン割り当ての変更画面

DualSense Edge のメインは背面ボタンなので、今回は左右の背面ボタンの割り当てを行います。

初期状態では「-」となっており、何も割り当てられていない状態です。好きなボタンを割り当てていきましょう。

DualSense Edge のレバー背面ボタン

背面ボタンは、常に指がかかった状態となり、素早く押すことができます。はじめは慣れが必要ですが、慣れてくるとアクションゲームやシューティングゲームといったクイックなプレイが求められるときに活躍します。

DualSense Edgeの背面ボタン割り当ての変更画面

背面ボタンのおすすめは、「方向キーの上」と「□(四角)ボタン」です。たとえば、Apex では「方向キーの上」が「回復アイテムの使用」、「□(四角)ボタン」が「アクション / 拾う / リロード」となっているので、背面ボタンにこの2つを配置することで、回復とリロードが素早く実行できます。

こまめにマップで現在地を確認するプレイヤーは、背面ボタンに「タッチパッド」を割り当てて、マップを開くのも良いでしょう。

DualSense Edgeの背面ボタン割り当ての変更画面

「しゃがみ」と「ジャンプ」もよく使うのであれば、「○ボタン」と「×ボタン」を割り当てるのもおすすめです。

このように、背面ボタンの割り当てに正解はありません。そのため、プレイヤーがよく使うボタンを、ゲームに応じて割り当てるのが良いでしょう。

次に読みたい
DualSense Edge 背面ボタンを取り付けてボタン割り当てを設定する手順
DualSense Edge 背面ボタンを取り付けてボタン割り当てを設定する手順

今すぐ読む 

スティックの感度とデッドゾーンを調整

DualSense Edge のスティックの感度とデッドゾーンの設定画面

スティックの感度とは、アナログスティックを倒し込んだときの反応の強さをコントロールする設定です。6種類のプリセットが用意されており、さらに感度曲線を微調整できるようになっています。

DualSense Edge のスティックの感度とデッドゾーンの設定画面

はじめは、とりあえず6種類のプリセットから1つを選択して、曲線は変更しないでよいでしょう。

DualSense Edge のスティックの感度とデッドゾーンの設定画面

いきなり感度曲線までカスタマイズしようとすると、どんどん深みにはまっていきます。

実際にゲームをプレイしていて、感度に違和感を覚えたら、その都度 プリセットや曲線を変更し、微調整を繰り返して理想の感度に近づけましょう。

DualSense Edge のスティックの感度とデッドゾーンの設定画面

デッドゾーンとは、スティックを傾けても反応しない範囲のこと。デッドゾーンを10%に設定した場合、スティックの傾きが10%を超えると、はじめてゲーム内で反応します。

細かいエイム操作が求められるシーン、素早く視点を移動させる場面においては、デッドゾーンを設定しない方が操作しやすいです。ですので、基本的には 0 から変えなくて大丈夫です。

強くスティックを傾ける人や、指がスティックにあたってしまい、意図せず操作してしまうこと多い人は、デットゾーンを 5~10% くらいに設定するのも良いでしょう。わからなければ、デッドゾーンは無理に設定しない方が良いです。

あわせて読みたい
DualSense Edge スティックの交換と感度調整で操作しやすくする方法
DualSense Edge スティックの交換と感度調整で操作しやすくする方法

今すぐ読む 

トリガーのデッドゾーンを調整

DualSense Edgeのトリガーのデッドゾーンの設定画面

トリガーのデッドゾーンでは、「L2ボタン」「R2ボタン」を押し込んでも反応しない範囲と、限界まで押し込んだ範囲をソフトウェア上で設定することができます。

DualSense Edgeのトリガーのデッドゾーンの設定画面

「始点」では、どのくらい押し込んだところで反応をはじめるかを設定できます。始点の数値を大きくすることで、意図せずボタンを押したときの誤操作を無効にできます。ただ、デッドゾーンを大きくすると違和感を覚えるので、基本的には設定しなくても良いでしょう。

DualSense Edgeのトリガーのデッドゾーンの設定画面

「終点」では、どこまで押し込むと目一杯 押し込んだことになるかを設定できます。終点の数値を大きくすることで、少しの押し込みで限界まで押し込んだことになります。

DualSense EdgeのR2/L2ボタンのスライドスイッチ

DualSense Edge のトリガー部分には、物理的な深さを3段階で設定できるスライドスイッチが装備されています。このスライドスイッチをいちばん浅い状態にして、終点を50にした場合、トリガーに軽く触れただけでも最大値になる、かなり敏感なボタン設定となります。

つまり、トリガーの設定は、この「スライドスイッチ」と「デッドゾーン(ソフトウエア上の感度)」を組み合わせることで、かなり柔軟で幅広いカスタマイズが可能ということになります。

DualSense Edgeのトリガーのデッドゾーンの設定画面

ただ、はじめのうちは始点「0」終点「100」で、スライドスイッチのみの調整だけで十分だと思います。慣れてきたら、ソフトウェア上でデッドゾーンを細かく調整していきましょう。

もっと詳しく
DualSense EdgeのR2/L2ボタンのストロークを調整する方法
DualSense EdgeのR2/L2ボタンのストロークを調整する方法

今すぐ読む 

振動の強さを変更

DualSense Edgeの振動の強さの設定画面

DualSense Edge の振動の強さです。好みに応じて変更してください。

トリガーエフェクトの強さを変更

DualSense Edgeのトリガーエフェクトの強さの設定画面

トリガーエフェクトとは、ゲームの状況に合わせて、DualSense Edge の「L2ボタン」と「R2ボタン」から反発力や張力などを体感できる機能です。

基本的には標準の「強」から変更しなくて大丈夫です。ゲームをプレイしていて気になったら変更しましょう。

プロファイルを登録する

DualSense Edgeのプロファイルの登録画面

すべての設定が済んだら、プロファイルを登録していきます。そのままでは「未割当のプロファイル」となっていて、使用ができません。

DualSense Edgeのプロファイルの登録画面

「未割当のプロファイル」タブで、プロファイル名の横にある矢印マークを選択し、割り当てるボタンを登録しましょう。

DualSense Edgeのプロファイルの登録画面

すると、「割り当て済みのプロファイル」に移動し、使えるようになります。

スポンサーリンク

プロファイルの切り替え時の通知を変更する

登録した各プロファイルは、「ファンクションボタン」+「○×△□ ボタン」で呼び出し、切り替えることができます。

デフォルトでは、切り替え時に DualSense Edge のランプで通知したり、振動で通知するようになっています。

DualSense Edgeのプロファイルの切り替え時の通知の設定画面

通知の設定は、[設定]>[周辺機器]>[DualSense Edge ワイヤレスコントローラー]>[プロファイルの切り替え時の通知]で ON / OFF を切り替えられます。

DualSense Edgeのプロファイルの切り替え時の通知の設定画面

「コントローラーのランプで通知」を ON にすると、ライトバーの LED の点灯数で、どのプロファイルに設定されているかがわかるようになっています。

DualSense Edgeのコントローラーのランプで通知する表示例

不要なら OFF にしてください。

DualSense Edgeのプロファイルの切り替え時の通知の設定画面

「コントローラーの振動で通知」は、プロファイルを切り替え時にボタンを押したようなフィードバックを無効にするかどうかの設定。不要なら OFF にしてください。

どちらの設定も、通知を OFF にすると切り替えたどうかが分かりにくくなってしまうので、基本的には ON のままにしておくことをおすすめします。

ファンクションメニューの表示内容を変更する

DualSense Edgeのファンクションメニューの設定画面

ファンクションメニューとは、ファンクションボタン(アナログスティックの下部のボタン)を長押ししたときにメニューを表示するかどうか、表示内容はどうするかを設定できます。

DualSense Edgeのファンクションメニューの設定画面

表示内容は、「すべての機能」「割り当て済みのプロファイル」「選択中のプロファイル」から設定できます。

DualSense Edgeのファンクションメニューの設定画面

すべての機能の表示例

個人的には、「すべての機能」を表示させる必要はないと思います。だからと言って、「選択中のプロファイル」だけにすると、ほかのプロファイルが分からなくなってしまいます。

DualSense Edgeのファンクションメニューの設定画面

割り当て済みのプロファイルの表示例

なので、「割り当て済みのプロファイル」がおすすめです。

コントローラーのランプの明るさを変更する

DualSense Edge のコントローラーのランプの明るさの設定

「コントローラーのランプの明るさ」では、ライトバーの明るさの強さを調整できます。

先ほどの設定「コントローラーのランプで通知」を ON にした場合、ライトバーの LED の点灯数で、どのプロファイルに設定しているかが分かるようになっています。ランプの明るさが「暗い」になっていると判別が難しくなるので、おすすめは「明るい(標準)」です。

DualSense Edge のソフトウエア上のカスタマイズは以上です。

スポンサーリンク

まとめ

DualSense Edge はできることが多い分、いきなりすべて完璧に設定しようとすると、カスタマイズに時間がかかってしまい、ゲームの時間がどんどん奪われていきます。

大切なのは、はじめだけおおまかに設定し、ゲームをしながら微調整を繰り返し、自分がもっとも操作しやすいと思うコントローラーに少しずつ仕上げていくことです。

本記事でご紹介したおすすめの設定は以下の通りです。

設定項目設定のヒントとおすすめ
背面ボタンの割り当てプレイヤーがよく使うボタンを、ゲームに応じて割り当てる
例:Apex なら「上」と「□(四角)」
スティックの感度と
デッドゾーン
6種類のプリセットから1つ選択し、曲線は変更しない
例:シューティングなら「クイック」推奨
デッドゾーンは設定しない
トリガーのデッドゾーン始点「0」終点「100」で、スライドスイッチのみ調整
振動の強さ強(標準)
トリガーエフェクトの強さ強(標準)
プロファイルの
切り替え時の通知
ランプ・振動ともにON
ファンクションメニューの表示表示ON
「割り当て済みのプロファイル」を選択
コントローラーのランプの明るさ明るい(標準)

とりあえずこれを参考に設定していき、気楽に、気長にカスタマイズをしていきましょう。

次に読みたい
PS5で充電中のDualSense
DualSense の充電方法と充電できないときの対処法

今すぐ読む 

この記事を書いた人

COUPLE GAME

1988年 埼玉県生まれ。5 歳のとき「ファミコン」でゲームデビュー。それから 30 年以上、平日も休日もゲームに没頭。現在はゲーム専門ライターとして、2016年 開設の当ブログ「COUPLE GAME」を運営。YouTube チャンネル も随時更新。

詳しいプロフィール >


おすすめ記事

PS5でオフライン2人プレイできるおすすめソフト

PS5

2024/7/2

PS5でオフライン2人プレイできるおすすめソフト18選

【2024年版】PlayStation5(PS5)でオフライン2人マルチプレイができるおすすめソフトを厳選紹介!話題の最新作から隠れた名作まで幅広くラインナップ。

PS5

2024/4/18

PS5を使って「U-NEXT」をテレビの大画面で視聴する手順

PlayStation5を使えば、テレビの大画面で「U-NEXT(ユーネクスト)」の動画コンテンツを楽しめます。この記事でPS5でU-NEXTを使う方法や31日間の無料トライアルについて詳しく解説します。

PS5で快適に遊ぶためのおすすめ設定

PS5

2024/3/15

PS5を買ったら最初にやっておきたいおすすめ設定25選

【2024年版】PS5 の性能を 120% 発揮し、自分にとって 最高のゲーム機 にするためのおすすめ設定を 25 紹介。PS5を買ったらすぐに設定しましょう。

【PS Plus】3つのプラン「Essential」「Extra」「Premium」の違いは?

PS4 PS5

2024/4/26

【PS Plus】3つのプラン「Essential」「Extra」「Premium」の違いは?

2022年6月2日にリニューアルしたPS Plusのプランの違いについて解説。「Essential(エッセンシャル)」「Extra(エクストラ)」「Premium(プレミアム)」は何が違うのか?どのプランを選べばいいのか?迷っている方はぜひご参考に。


記事を探す

ハッシュタグ

-DualSense